「勉強する」と「学ぶ」の違い

 本日は都内に勉強をしに行って参りました。

これは、先生から講義を受けるので「勉強」。

でもそこから帰宅後に、自分でそこを深めて、

自分で関連するテーマについて考えたり、

探求していくのが「学び」です。

簡単に言えば、

受動的なものは「勉強」

能動的なものが「学び」です。

 学生さんたちが勉強するのが嫌いとか苦手

だというのは、それが、やらされているもので、

全く自ら求めているものではないからです。

でも、情熱を傾け、自ら知ろうとしたり、

考えたりすれば、勉強は嫌いでも、

学ぶのは好きかもしれません。

 時に、正解のない問題にぶつかることもあります。

そこで大事なのが、「自ら考える力」。

世の中、どんどん進歩していきますが、

予測の出来ない災害、不測の事態が起こる

可能性もあります。

そのような時に、生き抜くことができるのは、

やはり自ら考え、自分なりの答えを出し、

解決の糸口を見つけられる力を持っているかいないかで、

大きく差が出てきます。

決して受け身の「勉強」だけでは身につけられないもの

であり、「学ぶ」ということが非常に重要に

なってくるわけです。

学べば学ぶほど、財産となります。

 私も本日勉強しましたことが価値あるものに

なるよう、今度は「学ぶ」モードに入ります。