空間を五感で感じる

 同じ景色でも、写真で見るのと、

実際その場に行って見るのとでは、

全く印象が異なるのは、

その空間を五感で感じているから。

 昔、よく父が言っていたのを思い出します。

経験とは、例えばある風景写真を見た時に、

そこに行ったことがない人は、

写真上の切り取った景色しか見えないけれど、

実際にその場に行ったことがある人は、

写真では見えない後ろ側の景色まで

脳裏で見ることが出来るということ。

見て、聞いて、触れて・・

空気の匂い、味までも体感して、

その空間を五感で感じることは大切です。

そして、その感覚が心を育み、豊かにします。

 また、本日は、日本中で広く活躍されている

空間デザイナーの雲野一鮮氏ともお話して、

デザイナーの専門的なアプローチから、

空間というものを意識することができ、

とても面白いなあと感じました。

 普段何気なく足を運んでいるところでも、

さりげなく、空間が意図的に作られていて、

だからこそ、経験を大事にし、丁寧に生きる

余裕も大切だと思うのです。

どうしても時間に振り回されている毎日だと、

目の前のことしか目に入りませんが、

心にゆとりを持ち、

空間を五感で感じられるよう意識して、

感性を磨きたいと、改めて思いました。