野球のストレートは変化球!?

 我が家には、日めくりカレンダーが2種類あり、

1つはひとこと英語、もう1つは雑学王。

毎日一枚ずつなので、無理なく楽しんでいます。

雑学はまた、トピックが多岐に渡るので

とても面白いのですが、今日は、野球で

ピッチャーが投げるボールについて。

 ストレートは、実は変化球の一種だということ。

力学的に前方に投げ出された物体は、

重力によって下へと引っ張られ、放物線を描きながら

落ちて行くのが自然な軌道であるのですから、

ストレートにするためには、人為的にスピンを

かけなければいけません。

バックスピンをかけることで、回りの空気からの

上向きの力を受けるため、重力が部分的に

打ち消され、結果、直球になるのです。

 言われてみればそうですよね。

普通にボールが前に進めば、自然に落ちていくわけです。

そう思うと、私たちの生き方も同じだなと

改めて思います。

 同じ状態で進んでいても、年は取りますし、

体力も衰えてきます。

途中でどのような環境の変化、時代の移り変わりが

あるのかもわかりません。

そのような中で、前に進み、また向上していこうと

するならば、自然に低下もしていくのだということを

ちゃんと想定していなければいけません。

そのために必要なのが、努力や向上心、

変化を受け入れる柔軟性と対応力などです。

現状に満足せず、常に進化させ、時には、

スピンをかけながら、抵抗するものに立ち向かっていく

勇気も必要なのかもしれませんね。