不動智(ふどうち)

 沢庵禅師が江戸時代初期に

柳生宗矩(やぎゅうむねのり)に宛てた

お手紙の中に「不動智」について

書かれたものがありました。

「不動とは、石や木のようにじっと動かない

という意味ではない。

左へも右へも十方八方、自由自在に

心が動きやすいように動きながら、

どのような物事にもとどまらない心のことを

不動智と言う。」

というものです。

 私たちに必要な心というのは、

動かぬ頑固なものではなく、どのような状況にでも

対応できるような柔軟な心です。

信念を貫くことは大事なことかもしれませんが、

困難に直面した時、物事が上手く進まない時に

いつまでも1つのことに固執するのではなく、

やり方を変えてみるとか、

他人の意見を聞いてみるとか、

一旦手放して、もう一度考え直してみるなど、

柔らかい思考、感覚を持ってこそ、

芯の強さがまた育まれるのです。

 しなやかに自分らしく生きるというのは

時に難しく、いつのまにか、そのしなやかさを

失ってしまうこともあるかもしれません。

でも、自分らしさを保つために、

自分の信念を確認し大事にしながらも、

周りを良く見て、今ある状況を客観的に把握し、

柔らかい心を意識して、臨機応変に対応して

参りたいですね。