何をどう頑張るのか・・

 私たちはよく「頑張る」という言葉を使います。

とても使いやすい言葉ですし、何かを始める時、

少しくじけてしまった時、何かの刺激を受けた時、

自分自身を奮い立たせるためにも、

「よし!頑張ろう!」と思うわけです。

また、自分のためだけではなく、他人のためにも

「頑張ってね。」とか、あるいは双方のために

「お互い頑張りましょう!」とか・・。

私もよく言います。

 でも、実際のところ、この「頑張る」という言葉、

とても曖昧で、意味がはっきりしていません。

とりあえずモチベーションを高めるために言う

掛け声みたいなもので、その思いだけでは

何も先には進まないのです。

ですから、頑張ろう!と思ったと同時に、

何をどのように頑張るのか、という具体的なことを

考えることがとても大事です。

 今日は都内で仕事以外のことを色々とやって参りましたが、

その合間に、旧知の友人に久しぶりに会うこともでき、

短時間弾丸トークをしてきた感じでした。

でも、お互いのことをメールでのやりとりではなく

実際に声に出して報告することで、

これまでのこと、今後のことが自分なりに改めて

整理され、そしてまた頑張ろう!と思うと同時に

どのように何をやっていけばよいのかと言うことも

考えるきっかけになりました。

 さらに、これまた弾丸短時間で、次男にも会いましたが、

大学も終盤戦に入って一層大変になっている彼には、

「体に気をつけて頑張ってね。」としか言えない

もどかしさも感じたわけです。

親としては、遠くで見守るしか出来ることはないのですものね。