気を配るということは・・

 私たちは、たくさんの人たちに支えられながら

生きています。家族や友人、そして仕事関係の方々や

新しく関わりを持った方々まで・・。

決して1人で全てが出来ているわけではない、

ということを常に念頭に置きながら、いつでも

感謝の気持ちを持っていることはとても大切なことだと

つくづく感じます。

 そしてその中で、少しでも周りの方々を不快な思いに

させないようにするために、「気配り」というのが

とても重要になってくるわけです。

「気配り」とは、そのまま文字通り、「気」を配る

ということ。でもその時に、自分自身に「気」がないと、

つまり「エネルギー」がないと、他人に対して心地よい

「エネルギー」を配ることはできません。

疲れていたり、満ち足りていなかったり、

自分が充分でないと、自分のことだけで精一杯に

なってしまうのです。

弱気になっていたとしたら、マイナスの感情ばかりで、

とてもプラスのエネルギーを発することはできません。

 まずは、自分の心の中に、しっかりと「気」を

満たすこと。そして、それから、感謝の気持ちを込めて

自分の中に十分満たされた「気」「エネルギー」を

周りの方々に配って参りましょう。

あたかも気を遣っているような、表面的な態度や、

心が全く伴わないような態度、かえって気を

遣わせてしまうような言動・・そのようなものは、

周りの方々の心にまで響くことは決してありません。

 心地よい「エネルギー」。

プラスの感情で満たされた「気」。

それを届けること。それこそが「気配り」なのだと思います。