雨のち雨の時

 台風19号の後、被害があったところは

少しずつでも、前を向きながら、

皆様頑張っていらっしゃるのに、

無情にも、追い打ちをかけるように雨が振りました。

そして、昨日もかなりの大雨により、避難指示がでて

避難を余儀なくされたり、多くの方たちが、不安な時間を

過ごされていました。

 もう、夢なのかこれが現実なのか、夢であってほしい、

と日々思われている方もいらっしゃることとと思います。

お水の有難さを感じながらも、自然水害の怖さを知り、

私もお水にたいする意識というのを再確認いたしました。

 雨ののち雨。そして雨・・。

人生の中でも、また同様に、そのようなことが起こり得ます。

次から次へと、うまくいかないことばかり。

そのような時も、学びがたくさんあります。

そして、当たり前である事柄にも感謝の念を持つことが

できるようになり、謙虚に受け止めて、

そして、そのような時だからこそ、

行動し、あえて自分から学びの機会を得るようにしていく

ことも大事です。

悔やんでばかりだったり、反省ばかり、

過去を向いているだけですと何も変わりません。

雨のち雨といういうこともあるけれど、

自然に身を委ね、前を向いて、

インプットを沢山すること。

そして、その中からまた知恵を出し、

乗り越える術を見つけることが出来るのです。

晴れない雨はなく、

いつか必ず晴れてきます。