誰の中にもある「優しさ」

 あの時、もう少し優しくしていたら・・

もっと、こういう風にやってあげていたら・・

などと、後悔することがあるのは、

その「優しさ」というものを知っているからです。

どのような人も「優しさ」に触れたことは必ずあり、

その温もりを知っているからこそ、

それをいざという時に、うまく与えられなかったり、

優しさを思うようにちゃんと伝えられなかった時に、

悔いが残ったりするのです。

 どうしてうまく伝えられなかったのでしょう。

もしかしてその「優しさ」を頭だけで考えていたのかも

しれません。

「優しくしなくちゃ」とか、〇〇すべき,

と考えているだけだと、うまくいかないものです。

 いつもお伝えしているように、

伝えたい優しさや愛があるならば、

まずはできるだけ、自分自身にも同じように

優しさや愛を向けましょう。

自分のことはさて置き、他人に愛を注ぐ、というのではなく、

自分のことを第一に優しくするのです。

自分自身がその優しさや愛に満ちていれば、

必ず悔いのないように、他の人にもその優しさと愛を

届けることができるはずです。

 頭だけで考えたものでも、表面上のものだけでもなく、

自分の心にゆとりができて、溢れ出てきたもの。

自分の中の「心」という器にその優しさと愛を

入れたからこそ、その器が満ちて溢れたもの。

だからこそ、それは人の心を温かくし、

人はまた、それを別の人に伝えたいと思うのです。

そういう「優しさ」が広がる社会になると良いですね。

 誰の中にも「優しさ」というのは必ずあるのですから。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

 

出版記念トークショー&サイン会 決定!!

2020年1月25日(土)15:00~16:30

渋谷駅前 大盛堂書店にて

 

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→