片付けた後のリバウンドはどうして起こるのか

 昨日、YouTube41回目の動画を配信し→こちら

「肩の力を抜いて 手放してみよう」ということで、

目に見えるものや、心の中のものを手放す必要性

についてお話しているのですが、

整理したり、片付けても、リバウンドをして、

またいつの間にか元の状態になってしまうのは

どうしたら良いのか、と聞かれることがあります。

 これは、ダイエットと同じです。

ダイエットをして、せっかく痩せたとしても、

その後のカロリー摂取量が、体を維持するのに

必要なカロリー量よりも多くなれば、当然、

また少しずつ太っていきます。

消費量より摂取量の方が多ければ、蓄積されて

いくのは当たり前ですね。

 片付けもやはり、一時的に頑張って片付けて

きれいになったとしても、その後の片付けるペースより

散らかすペースの方が早ければ、あるいは量が多ければ

またいつの間にか散らかってくるわけです。

シンプルなことですね。

ですから、短期的に片付けて、一瞬きれいになった

ように見えたとしても、それだけではリバウンドして

しまうのです。

 では、どうしたら良いかと言いますと、

まずは、片付ける時に、無理に押し込んだり、隠したり、

しまい込んだりしては、片付けたうちに入りません。

まずは不要なものは思い切って手放すこと。

また使うかもしれない、とか、もし必要になったら

どうしよう、という不安が出てくるとなかなか

手放せないものですが、ほぼ、もう一度使うことは

ありません。万が一必要になることがあったならば、

また新たに手に入れたり、やり直したりすればよい

と思える勇気と、物を減らす心の余裕を持つように

いたしましょう。

そして物を減らし、頑張って片付けようとしなくても

散らからない状態、汚さない仕組み、日々の

メンテナンスをやりやすい状態にして、

出したら戻す、ということを習慣付けますと、

きれいな状態をキープすることが出来ます。

 また、新しい物を購入するときに、それを

どの位置に置くのか、収納するのか、ということを

事前によく確認し、本当にそれが必要なものなのか、

一旦落ち着いて考え直すことも必要です。

 手放した後に手に入れることが出来た

空間や時間は、きっとあなたに幸せをもたらします。

是非、工夫してみてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.41を配信いたしました。

「肩の力を抜いて 手放してみよう」→こちら

 目に見えるものでも、心の中でも、

不要なものがあると、自分自身のエネルギーや

波動を下げてしまいます。

是非「手放し」の大切さについて、

動画でご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→