どこにフォーカスしたかでその後が決まる

 我が家の日めくりカレンダーの今日のひとことは

「Nobody is perfect.」完璧な人はいない。

でした。

本当にその通りですね。

ですから、自分に対して完璧を目指しても苦しく

なってしまいますし、周りに対して完璧を求めると

軋轢を生じることもあり得ます。

それなのに、私たちはいつの間にか自分の嫌なところや

マイナスの部分が気になってしまい、変わりたい・・

とか、こうならなくては・・というように

そこにフォーカスしてしまうことがあります。

でも、そうなってしまいますと、その自分が

フォーカスした部分が大きくなってしまうという

自然の法則のようなものがあるのです。

 たとえば、「そのボタンを押さないで・・」と

言われると何だか押したくなってしまったり、

その穴を「のぞかないで」と言われたら、

無性にその穴に興味をそそられのぞきたくなって

しまうというようなこと。

そのボタンや穴に意識をしていない時は

ただのボタンや穴であったものが、意識をした途端、

そこに執着が生まれたりするのです。

 ですから、自分のこの部分が嫌いだと思って

フォーカスしていると、その部分が余計に大きな欠点に

見えてきて、自己否定につながったり、なかなか

自己肯定感を高めることができずに、悪循環を

招いてしまいます。

 良くも悪くもフォーカスしたところが増大するので

あれば、マイナス部分にフォーカスするのではなく、

自分自身の好きなところ、頑張っていることなどに

しっかりと意識を向けていけると良いですね。

 そして時には、変わらなくては、とか

こうあるべき・・と考えるのではなく、

こういうマイナスなことがあって自分自身なのだ、

というようにゆるく捉えていますと、

執着がなくなり楽になってくるかもしれません。

完璧な人はいないのですから・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.41を配信いたしました。

「肩の力を抜いて 手放してみよう」→こちら

 目に見えるものでも、心の中でも、

不要なものがあると、自分自身のエネルギーや

波動を下げてしまいます。

是非「手放し」の大切さについて、

動画でご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→