「デジャブ」と「ブジャデ」

 昨日、直感力の話をいたしました。→5/29 ブログ

私たちの直感の力というものは選択や判断をする時に

非常に役立つものでもあり、また、創造性を発揮させる

ためにも直感力があると行動の幅、そして人生の幅まで

広がります。

 昨日は直感力を身につけるために日頃から意識して

いると良いこともお伝えいたしましたが、

本日はその続きにもなります。

 「デジャブ(deja vu)」という言葉がありますが、

これは、初めての経験なのにどこかで経験したことが

あるような感じがする「既視感」のことです。

初めて来た場所なのに、何だか知っているような

気がする・・来たことがあるような気がする・・

というようなことを、多くの方が経験したことが

ある感覚ではないかと思いますが、

この「デジャブ」という言葉から造られた

「ブジャデ」という言葉があります。

こちらは、いつも見ていたり、何度も経験したことが

あるのに、まるで初めてのように新鮮に思える感覚の

ことです。

造語ではなくジャメブ(jamais-vu)「未視感」という

フランス語も実際にあるようですが、今日は

心理学の中で言われている「ブジャデ」の方を使いますね。

 この「ブジャデ」こそ、直感を活かすために必要な

感覚の1つでもあるのです。

既存のもの、何度も見ているものを新たな視点で見たり

考えたりするということですので、当たり前を

当たり前でないものとして見るわけですから、

思い込みや先入観を外して、新しさを見出すことで

その中に気づきや学びがあったりするのです。

それが直感を活かすことにつながってきます。

 与えられたもの、慣れたもので満足するのではなく、

そこから新鮮な視点で見ていくという「ブジャデ」。

是非、意識的に日常に取り入れてみて下さいね。

・・・何だかこの話、初めてだけれど初めて読んだ

気がしない・・という方。

それは「デジャブ」ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 最新 YouTube『エクラの風』Vol.62では

「マルチタスクに潜むデメリット」のお話をしております。

時代の流れと情報のスピードの早さにより、私たちは

どうしてもマルチタスクになりがちです。

効率の良い時間の使い方を意識して過ごして参りたいですね。

是非、参考にご覧頂けましたら嬉しいです。

こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→