日本のエネルギーを考える

 日本では私たちは当たり前のように

スイッチを押せば電気がつき、蛇口をひねれば

安全なお水が出てきて、ガスも使える、何不自由のない

生活をしていますが、自然災害などで供給がストップ

して初めてそのエネルギーの有り難みを感じます。

そして、その時は本当に有り難いと感じていても

元の生活に戻ってしばらく経つと忘れてしまうのは

どうしてでしょう。

まだまだエネルギーに対して本気で考えていないから

なのでしょうね。

 それは、日常の中のエネルギーから、日本全体を

見たエネルギーまで、包括的に考える必要があるのですが、

なかなか普段、そこまで思いを及ぼすことは難しい

かもしれません。

でもやはり、私たちはこの日本で暮らしていて、この国で

供給されているエネルギーを使わせて頂いている限り、

そして、自分の日常生活だけでなく、生活の中の様々な

製品や社会の中の多くの事柄などにも勿論、

そのエネルギーが使われていることにまで意識を回し、

では、より良い日本社会のために、個人でできることは

何かということをしっかりと考えていく必要があるのだと

思うのです。

 本日は、ジャーナリストの櫻井よしこさんの講演会に

出かけ「日本国の基盤・エネルギー問題」についての

お話を伺って参りました。

世界を含め、世の中の様々な問題を知るために、

日頃から関心やアンテナを高めていようと心がけてはいても

とても全てを網羅できるわけがなく、また、真の情報を

得ることに関して、とても慎重になりますが、

本日のお話はとても興味深く勉強になりました。

 何事においてもそうですが、まず大事なのは、

事実をしっかりと見ることです。

時々、私も講演や授業の中で言うのですが、

コップの中にお水が半分入っていているのを見た時に、

半分しか入っていないと言うのか、

半分も入っていると言うのか、というのは

主観的な考えによるものですが、

まず「コップにお水が半分入っている」という

事実をしっかりと見ることが大事なのです。

その事実を踏まえて、では自分はどのようにするのか

ということを考えていかなければいけません。

 日本の現在のエネルギーはどのようになっていて

今後どのようにしていったら良いのかという考えを

もっと私たちは日常的に考える必要は十分にあります。

電力がなければ、このブログだって書けないのですから・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

新しく配信いたしましたYouTube『エクラの風』Vol.67

では、自分自身で免疫力を高められるには、

どのような心がけが大切なのかをお伝えしています。

「ネガティブな言葉や感情は 免疫力も下げる」→こちら

そちらも合わせてご覧頂けましたら嬉しく思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→