ちょっと自信をつけたい時には・・

 ヴォイス&スピーチやマナーのレッスンでは

もちろん話し方、正しい発声の仕方、そして

立居振る舞いなどをお伝えいたしますが、

ご受講生の方々はそのものを身につけたいという

だけではなく、自信をつけたいから・・という

目的の方も多くいらっしゃいます。

自信がない、というのはお若い方だけでなく、

何歳になってもどうしても感じることはあるものです。

私ももちろん、100%の自信があるわけではなく、

試行錯誤しながら、そして時々様々な自分の状態に

折り合いをつけながら、自己否定だけはしないように

取り組んでおります。

逆にもし100%の自信があったとしたら、

それ以上の成長は望めないと思いますし、

高慢になったり、謙虚さを失って他を受け入れない

ということにもなりかねませんから、

それほど自信満々になる必要もないと思いますが、

かといって、いつも自信がないというのでも

困ってしまいますものね。

ですから今よりもちょっと自信をつけるぐらい

のつもりでいたら、自己肯定感も高まるのではと

思います。

 では、どのようにしたら良いのかと言いますと・・

まず、自信がないというのは、無意識のうちに

他人と比べてしまっている場合がありますから、

他人は他人、自分は自分、と意識的に思うことです。

他人はどうしても良く見えてしまうものです。

その良く見える部分だけにフォーカスして、

そして自分の良くない部分と比べてしまいがちですが、

ほんの僅かでも自分の良いところに目を向けて

過去の成功体験なども思い出してみましょう。

成功体験というのは大きなことではなく、本当に

小さなことを探すとどなたにでも色々とあるものです。

それを脳内に改めてもう一度インプットしておきます。

 あとは、自分のことを褒められなくても他人のことなら

褒めることはできるはずですから、他人の良いところを

沢山見つけて、どんどんその褒め言葉を口にすることで、

セルフイメージを高めていきます。

脳は人称を認識しないので、自分事として捉えますので

効果は絶大。

言葉の力は大きいものです。

憧れの人が言った言葉などを同じように言ってみるのも

パワーが出てきます。そうすると自然に自信もついて

きますのでお勧めです。

 もちろん、マナーや話し方などをしっかりと身につける

ことも大きな自信につながると思いますから、ご興味が

おありでしたら是非学んでみて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.83を配信いたしました。

 「大切にしたい 日本人としてのマナー」

についてです。→こちら

マナーの本質というのは、覚えなければいけない

見た目や形、そして恥をかかないためのものでは

ありません。もっと大切な心があるはずなのです。

是非ご覧頂けましたら嬉しく思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→