「頑張る」というのは難しい言葉

 「頑張る」というのは時に人をがんじがらめに

してしまいます。

「頑張る」という言葉はどちらかというと、

辛いとか、大変、苦しい・・などというネガティブな

感情とつながりやすいからです。

ですから「頑張って」と言われて、余計に辛くなって

しまう人もいるわけですね。

私のように脳天気ポジティブだと、「頑張って」と

言われれば、その励ましをエネルギーに変えて

パワーも出てきますし、自分でも「頑張ろう!」と

思えますが、それはネガティブ感情と繋がっていない

からなのだと思います。

 頑張れば、うまくいってもいかなくても達成感があり、

逆に頑張らなかったとしたら、そのエネエルギーの

出し惜しみを後悔するからなのかもしれません。

これは人それぞれですから、どちらが良いという

ものでもありませんが、

頑張らないで何かを達成したい、

◯◯するだけで簡単に何かを手に入れたい、

という楽を求めても、それではなかなか上手くいかない

ということもあり得ます。

よくそのようなキャッチコピーや本などがありますが、

それを書いた方は、その成功までのプロセスを

頑張ったと感じていないだけなのかもしれませんし、

その行動力をあえて書いていないだけなのかもしれません。

 頑張らなくてもあなたのままでいい・・という言葉は

気持ちを楽にしてくれる反面、本当に何もしないで

うまくいくのかもしれない、という暗示にかかって

しまいますから要注意です。

頑張らなくてもいい、という言葉に反応してしまう

というのは、実は頑張らないとダメということを前提に

してしまっていますから、余計にうまくいかない

ループにはまってしまいます。

 何だかややこしいことを書いてしまいましたが、

いずれにしても「頑張る」という言葉に振り回されず

周りに惑わされることもなく、自分らしいあり方で

焦らずに一歩一歩努力していくことができると

良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.95を配信中です。

「行動力を高める 2つの方法」→こちら

あれもやりたい、これをやろう、と思っていても

なかなかそれを行動に移すのは難しいものです。

日々の生活の中で、あるいは目標達成のために、

行動力を高めていける方法をお伝えしておりますので、

是非、ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→