死生観

 自らの生と死に対する考え方がどのようなものか

ということを、あまり日常的には考えませんが、

やはりどなたかの訃報に接した時に、あまりにも

早すぎたり突然だと、驚きとともに、人生の幕を閉じる

そのあり方を考えるようになります。

先日もある方のお別れの会に足を運んだ話を

少ししたことがありましたが、本日も、まだ40代の

お若い方のお通夜に伺い、あまりにも急なことで、

遺されたご家族のことを思っても胸が苦しくなります。

 誰もが着実に最期に向かって生きていますが、

それがいつになることなのかが分からないからこそ

普段は死をあまり意識していませんが、

それが明日にならないとも限らないわけですから、

そう思うと、今を精一杯生きなくてはいけないと

思うのです。

 一生懸命、悔いのないよう、人間らしく生きる

というのは簡単なようで難しいかもしれません。

でも、不平不満を言ったり、いつも後ろ向きで

いるよりは、少しでも学びを得ながら、

愛や優しさ、感謝や思いやりを忘れずに、

誠実に生きていこうと努力することは大切です。

  そしてその上で、人生の終わりをどのように

迎えたいか、ということを考えるのは、

決してネガティブなことではなく、

今をどのように生きるかというポジティブなことに

結びつきます。

遺された家族になるべく迷惑がかからないように

しておくことも現実問題、とても大事なことですね。

 NLP心理学を学んでいた時には

自分のお墓にもし自分を表す言葉を刻めるのであれば

どのように刻んで欲しいか、と自分自身に問いかけた

ことがありました。

正しくそれが、悔いのない最期を迎え、

周りの方々に、こういう人だった、と言ってもらえる

ような生き方であり、自分が本当に望む在りたい姿

と言えるわけです。

 運命というのはある程度決まっていて、

自分ではどうすることも出来ない場合もありますが、

与えられたことは有り難く受け取り、

他人の道を歩くのではなく、

自分の道を歩いていけるようにして参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.100まで配信しております。

「人生の質を高めて 自分らしく生きるには」→こちら

Vol.100は、世の中がどのように変化しても、人生の質を

上げていくのか、下げてしまうのかは自分次第です。

運を味方にしながら、自分らしく生きることについて

お話しております。

また、過去の動画も、併せてご覧いただけましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829