「無心」になるとは

 昨日、新しいことをやる時に湧き出てくる

不安を少しでも和らげる方法についてお話

いたしましたが→こちら

日常でも様々なストレスやプレッシャー、

心配事や不安というものは起こるものです。

 「無心」と広辞苑で調べると、

様々な意味が出てきます。

①心ないこと。なんの考えもないこと。

 思慮・分別のないこと。

②情趣を解する心のないこと。無風流。

③遠慮なく物をねだること。

④邪念のないこと。

その他にも色々とあり、仏教用語としては

⑨妄念を離れた状態。という意味があります。

①〜③に関してはあまり良い意味ではありませんが、

④や⑨に関して言えば、「無心」になることを説く

禅の考えから、私たちの日常で心得ると良い

考え方です。

 邪念妄想を絶って、迷いを脱した心の状態。

何にも囚われることのない心の自由が

全てを包み込み、真実に気づくことができたり、

目の前のやるべき事をスムーズに、そして

成功に繋げることができます。

 ですから、ここで言う「無心」というのは、

何も考えないということではなく、

余計な考えに囚われたり、惑わされたりしない

ということ。

もし何も考えない状態でお仕事に向かっても

その成果が実ることはあまりありませんから、

必要のない考えに囚われずに目の前のことに

集中し、生産性を高めて、充実したお仕事を

することが大切です。

 「無心」になるというのは、ただただ

慌ただしく過ごしていたり、心が乱れていると

難しいものですが、出来るだけ心を穏やかに、

邪念を取り除いて、目の前のことに

打ち込むことができると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.100まで配信しております。

「人生の質を高めて 自分らしく生きるには」→こちら

Vol.100は、世の中がどのように変化しても、人生の質を

上げていくのか、下げてしまうのかは自分次第です。

運を味方にしながら、自分らしく生きることについて

お話しております。

また、過去の動画も、併せてご覧いただけましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031