喜ばせる順番を間違わないように・・

 他人のために何かしたことで、喜んで頂けたら、

それはとても嬉しいものです。

感謝されたり、笑顔になって頂いたら、

それは自分の喜びにもなりますね。

 でも時々、自分の “与える喜び” について

改めて考えてみることも大事です。

どうして、それを他人のためにやってあげるのか。

喜んで頂けるからやるのか。

感謝して頂けるからやるのか。

それとも、ただただ自分がやりたいからなのか。

もちろん、ほとんどの人は、どなたかに自分のために

やって頂いたら感謝すると思いますが、

もし、お相手が、やってもらって当たり前、

当然の如く受け取り、大して感謝もされなかったら

どうでしょう。

その時は、気分が良いものではないかもしれませんが、

そこで「なんで!?」「何なの!」と怒りの感情が

でてきたら、それは、お相手の喜ぶ姿や、

感謝の言葉を見返りにしてしまっている、

ということになります。

「そういう人のいるわよね。」ぐらいに思えれば楽。

 そのためには、他の人に与える前に自分自身を喜ばせ、

満たしておくことが大切なおです。

また、自分で自分を満たすことができないと、

他の人とのそのような関わり合いがなかったら、

喜びも得られなくなってしまいます。

 お相手が笑顔で返してくれなくても、

こちらからは、いつでも笑顔で挨拶できるようにするのも、

やはり、自分が満たされていないと、

続かなくなってしまうのです。

自他ともに、大切に大切な存在。

だからどちらも大切に・・