人に優しく、自分にも優しく

 人に優しく、自分には厳しい。という方がいます。

それが人としての最も大事なあり方だという考えの

もとでのことだと思いますが、でも、自分に厳しく

していますと、気が付かないかもしれませんが、

人にも厳しくなっていることがあります。

どうしても、それぞれ自分の基準がありますので、

他人も同じようにやって当たり前だという感覚が、

他人にとってみたら厳しい基準のこともあるからです。

また、自己肯定が低いと他人もジャッジしてしまう

傾向がありますから要注意です。

そしてやっぱり自分自身をもジャッジして否定して

しまうのです。

そうするといつまで経っても自分に優しくなれませんね。

 ネガティブな感情が出てきたり、マイナス思考に

なってしまったら、それは、自分に関心を向けて・・

という自分自身へのサイン。

まずは自分に優しくするようにしてみましょう。

ネガティブな感情を抑え込まないで

マイナス思考を否定しないで

こんな自分ではダメだと厳しくしないで

自分を鼓舞するのは、まず優しく認めてからに

いたしましょう。

 自分自身が心地良いと感じることは何ですか?

ほっと落ち着く瞬間はどのような時ですか?

ワクワクすることは何ですか?

一生懸命、厳しく奮い立たせても、ワクワクして

いないのなら、それはまた悪循環にハマって

しまいます。

だから、まずは自分に優しくしてみましょう。

そうしたら、自然と他人にも優しく接することが

出来ますね。

タイトルは「人に優しく、自分にも優しく」と

書きましたが、本当は

「自分に優しければ、他人にも優しくなれる」

ということなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.57 を配信いたしました。

「気づきを生かさないと・・」→こちら

私たちの生活の中では、様々な気づきがあります。

それを生かすも生かさないも自分次第。

そして何が大切なのかをお伝えしております。

ぜひご覧になってみて下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→