心の余裕は大事・・特にイライラしている時には

 私は性格上、あまりイライラすることは無いのですが、

それでも、心の余裕が無くなる時はあります。

第一に、時間の余裕が無くなっている時には心の余裕と

直結するのは、皆さまもご経験はあるのではないでしょうか。

「忙」という字の如く、「心を亡くす」わけですね。

でも、1日24時間と決まっていて、そのことは、

十も百も承知なのですから、まずはいかに時間の余裕を

普段から作っているかということが大事です。

そのためには、スケジューリングの段階でしっかりと

自分の心の在り方まで考慮しておくこと。

そして、万が一急に入ってきたお仕事や、スムーズに

物事が進まなかったために時間が押してしまった

などという時には、5分でも良いので、あえて、

心を整える時間を作るようにすると良いですね。

 そして、せめて午前中のことは、前日のうちに

シミュレーションしておいたり、すぐに取り掛かれる

ように準備しておくと無駄がありません。

小さなことで言えば、その日に着るものは前夜には

用意しておくとか、すぐにお仕事が始められるように

机の上をその状態にしておく、などというようなことです。

 慌てた時ほど心の余裕がなくなり、小さな事柄にでも

イライラしてしまうこともあるかもしれません。

自分にゆとりがあれば何ということもなく

許せるのに、どうしてこんな時に限って・・とか

どうしてそのようなことを言ってくるの・・などと

他人のことまで非難しかねませんので注意しなくては

いけませんね。

 ですから、普段から時間の余裕を持つだけでなく、

視野を広げておくようにすることも大切です。

視野が狭いと、目の前のことしか見えませんから、

どうしても小さなことでイライラしがち。

視野を広げ、今置かれている状況、今あることにも

有り難いと感じていますと、心にゆとりを持つことが

出来ますから、日頃の習慣も重要なポイントなのです。

 イライラしていたり、心に余裕が無いと、

もちろん表情にもそのまま出てしまいますので要注意。

私も常に気をつけていようと改めて思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.59を配信いたしました。

「原点に戻れば 先が見える」→こちら

まだまだ不安定な世の中で自分らしく生きるためには

原点に戻ることも大切です。

今回も拙著『夢の音読』から抜粋して自分を見つめ直す

ためのメッセージをお届けしております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→