話し方のコツ 〜語尾に気をつける〜

 伝えるというのは結構難しいものですが、

今日は基本中の基本のコツをお話いたします。

 英語は最初に主語と述語を言いますから、

そこさえ聞き取ることが出来れば何とかなりますが、

日本語は、述語が最後にありますので、

最後まできちんと聞かないと、文章を理解することが

できません。

ですから、伝える側は最後まではっきりと言うことや

あまり長々と文章を言わないように気をつけなければ

いけないのですが、そこがうまく出来ていないことも

多々見受けられます。

日本人は曖昧な意思表示をする傾向もあるため、

語尾までもが曖昧になってしまうことがあると、

誤解を生む可能性が高まります。

 そしてまた、丁寧に言おうとするがために、

◯月◯日までにお送りいたします。というところを

◯月◯日までにお送りさせて頂きたいと思います。とか

ご協力をお願いいたします。というところを

ご協力をお願いいたしたいと思います。とか

早急に進めて参ります。というところを

早急に進めさせて頂きたいと考えております。などと

文章を長くして伝えているのもよく見聞きしますが

お相手に伝えるにはシンプルにする方が伝わりやすい

ものです。

 敬語も二重敬語、三重敬語にならないように

注意が必要ですし、日本語の語尾にくる述語を

上手に使ってお相手に分かりやすく伝えたいですね。

 そして時々気になるのが、語尾を伸ばす話し方です。

主に女性に多いのですが、今日耳にしたのが

「こんにちは〜〜。」「お久しぶりです〜〜〜。」

「よろしくお願いしま〜〜す。」

「そうなんです〜〜〜。」

「ありがとうございま〜〜す。」

もう、どれだけ伸ばすのかしら?と思うほどでした。

文字で書くと、自分はこんなには伸ばさないわ・・と

思われるかもしれませんが、これは自分では意外と

気が付かないものなのです。

親しみを込めているという場合もあるかもしれませんが、

でも大人の話し方として改めて意識改善しておくことは

大切です。

 語尾ははっきり、ゆっくり、丁寧に、そしてシンプルに

言うことで、お相手に分かりやすく、そして心地よく

伝えられると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.75を配信いたしました。

 〜信念は現実をつくる〜 →こちら

信念や思考というのは、ポジティブなものも

ネガティブなものもありますが、全てそれらが

現実をつくっていきます。

自分にとってどのような状態であるのが良いのか

価値観を知るためのきっかけも含めてお伝えしております。

是非、ご覧くださいませ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→