人生、どのような時間を持ちますか?

 以前もマザー・テレサのこの言葉をご紹介したと

思いますが、いつ、何のテーマで綴った時なのかは

覚えておりませんので、改めてまた、お伝えしたいと

思います。

カルカッタの「孤児の家」にある看板の言葉です。

 考える時間を持ちなさい

 祈る時間を持ちなさい

 笑う時間を持ちなさい

 それは力の源

 それは地球でもっとも偉大な力

 それは魂の音楽

  遊ぶ時間を持ちなさい

  愛し、愛される時間を持ちなさい

  与える時間を持ちなさい

  それは永遠につづく生命の秘密 

  それは神が与えてくれた特権 ・・・〈以下省略〉

私たちの時間というものは、1日24時間しかありません。

どのように過ごすのかは人それぞれですが、

決められたことをやる時間も多い中、どれだけ自分が

作っていく時間を持てるか、どれだけ自分のための

時間を持つことができるかは、意識次第です。

 与えられたことをやったり、与えられた情報だけで

生活していると、段々自分の頭で考えるということを

しなくなってしまいますから、考えるという行為は、

生きていく上でとても大切で、子どものうちから

その習慣を身につけておく必要があります。

 祈る時間、笑う時間は、自分のためにも、

他人のためにも実はとても重要なのに、私たちは

忙しくしていると、ついつい忘れがち。

祈りは何も宗教を持つ人だけのものではありません。

他人の幸せ、自分の幸せを祈り、今ある自分に感謝

できるのには祈りの時間が大切です。

笑う時間は言うまでもありませんね。

 そして遊びは私たちに心のゆとりを作ってくれます。

遊びの中に大きな学びがあるかもしれません。

遊びは次の行動に活力を与え、創造力を生む

子どもにとっても大人にとっても大事な時間になるのです。

 愛し、愛される時間、与える時間。

こちらも言うまでもありませんね。

人として、とても大切で、決して忘れてはならない時間です。

 人生を豊かにするために、あなたはあなたの時間を

どのように使っていきますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.77を配信いたしました。

 「安心な領域の先にあるものは」→こちら

人は誰でも安心できる場所を求めます。

でも居心地の良さだけでは得られない、

成長するために必要なことがあるのです。

それを簡単にお伝えしておりますので、

ご覧頂けましたら嬉しいです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→