心の疲れを見逃さない

 ため息というのは、他人の前ですると

良い印象を与えないので注意が必要ですが、

1人でいる時にでもいつもよりため息が

多いと感じた時は、そのため息を深呼吸に

変えていくと、かなり心身が楽になってきます。

 ため息は無意識にしていることもあるかも

しれませんが、できるだけその自分の状態に

気づくことは大切ですね。

いくら我慢強かったとしても、心の疲れに

気づかずにそのまま頑張ってしまいますと、

もちろん、体も心も悲鳴をあげてしまいます。

 心の疲れが体に出てくるというのは、

体からのサインです。

いつも全力投球で頑張りたい私も、常に自分で

気をつけていないといけないと痛感します。

ですから、絶対に身体からの小さなサインを

見逃してはいけませんし、それは心の疲れが影響して

いる可能性もあることを忘れてはいけないのです。

 いつでもどこでも出来るのが深呼吸。

ストレスなどで交感神経が優位になっている時に、

腹式呼吸をするだけでも、副交感神経が優位になり

リラックス効果がありますから、おへその下辺りの

丹田を意識しながら、しっかりと呼吸に意識していく

ことはお勧めです。

 そして、余裕があれば瞑想したり、また、夜などに

しっかりとセルフマッサージしたりしますと、

心身の緊張状態がほぐれて、次第に良い状態に整って

きます。

 まずはその心の疲れを見逃さないこと。

他人のために一生懸命に動くことも勿論大事ですが、

その前に自分の心身のコンディションをしっかりと

整えて参りましょう。

 本日配信いたしましたYouTube『エクラの風』では、

「セルフコントロールする力を高める方法」を

お伝えしております。→こちら

セルフコントロールするにもやはり、心身の状態が

整っていることが前提ですので、しっかりと

自分自身に向き合って、自分ミーティングしてみて

下さいね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→