自分のあり方の1つとして・・

 様々な環境の中で、私たちは周りに気を配ったり

周りを気にしすぎるあまり自分らしさを失ったり、

色々な事が起こり得ます。

自分よがりであってもいけませんし、かと言って、

周囲に媚を売るのもおかしな話。

周りとの協調は大切ですが、そのような時に大事なのは

自分のあり方をしっかりと考えて確立しておくことです。

 自分らしくいることと同時に、自分は周囲にとって

環境の1つであるということを忘れてはいけないのです。

自分の存在を俯瞰すると分かります。

その環境の一部になっているわけですから、

自分はそこでどのような環境を生み出しているのかを

改めて見直してみることも必要かもしれません。

 あなたがいることで、周りは気が引き締まる環境なのか

勇気が湧いてくる環境なのか、心が軽くなる環境なのか、

それともストレスを感じさせてしまっている環境なのか。

 「薔薇の空間」という言葉を聞いたことがありますが、

薔薇が一輪あることで、その周りの空間を穏やかにしたり、

私たちの心を沈めたり、あるいは華やかな気持ちにさせたり

しています。

私のいつも宿泊するホテルでは、エレベーターや洗面所など

いたるところにさりげなく小さな一輪の薔薇を置いてある

のを思い出しますと、主張はしないけれど、確かに

その環境の1つとして、周囲に温かい影響を及ぼしている

のだと分かるのです。

 何が心地よくて、何が良いのかは人によって異なります。

また自分自身が最高の環境をすぐに作り出せるものでも

ありません。

でも、常に自分を磨くことを意識して、自分のあり方を

考えていけば、少しでも「薔薇の空間」に近づける

環境を作り出せるのではないかと思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.83を配信いたしました。

 「大切にしたい 日本人としてのマナー」

についてです。→こちら

マナーの本質というのは、覚えなければいけない

見た目や形、そして恥をかかないためのものでは

ありません。もっと大切な心があるはずなのです。

是非ご覧頂けましたら嬉しく思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→