これからのコミュニケーションを考える②

 沢山あるSNSの中の1つ「Facebook」は最近

「 Meta」(メタ)と社名を変更して新たな事業を

展開していくというニュースが話題になりましたが、

「メタバース」から取って、そのまま「メタ」

と命名するのはすごいですね。

 「メタバース」というのは簡単に言うと、

人々がアバターをそれぞれ持って、ゲームをする

だけでなく、お仕事をする、物売買する、交流をする

などと、様々なことが出来る仮想空間のことです。

もう「マトリックス」のような映画の世界のことだけ

ではなくなってきていて、その仮想空間での活動が

日常の生活の一部になるのが、そう遠くない未来のこと

なのです。

紙ベースやアナログの方が好きな私にとっては、

もう計り知れなく突拍子もないような世界なのですが、

それでも現実的にその動きが加速しているのは

間違いありませんし、それを認めざるを得ないのは

確かです。

 その仮想空間に入ると、本当に現実を忘れて

しまうかのように、アバターでやり取りができる

のですから、これからの時代のコミュニケーションの

あり方を改めて考える必要もあるのかもしれません。

アナログが良い、とばかりは言っていられなく、

今このコロナ禍で、テレワーク、オンライン会議等も

普通になっているわけですから、

これから生まれる子ども達にとって、仮想世界が

当たり前になるのであれば、その中でどのように

人との関わりを持つのが良いのかということを

今の大人が今から考える必要はあるはずです。

 あなたがもし、仮想空間に入ったのなら、

どのようなコミュニケーションを取りたいですか。

現実と仮想の世界をどのように分けて使いますか。

 映画「マトリックス」第1作目が公開されたのは

もう20年以上も前の1999年なのが驚きですが、

今年は第4作目が公開されました。

映画の世界は勿論これからの「メタバース」より

激しいものではありますが、それでもやはり

仮想空間を体験することが普通になるのであれば、

私たちの世界は本当に更に大きく変わっていきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol,91を配信いたしました。

「片付け後に起こるリバウンドの理由と対処法」

についてお話しております。→こちら

気持ちよく新年を迎えられるよう、片付けた後に

リバウンドをせずにきれいな状態を保つコツなどを

是非ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→