型にはまらない垣根のない世界で生きるのも素敵

 「いろんな世界を生きられる人生が面白い」

ピアニスト角野隼斗さんの言葉です。

昨年10月に行われたショパンコンクールにも

出場され、第3次予選まで進出。

年末のドキュメンタリーで見た、それまでの練習や

ショパンコンクールで決勝にまで行けなかった

悔しさの表情などが今でも印象に残っています。

その「角野」さんと、YouTubeで人気の「かてぃん」さんが

同一人物だということを恥ずかしながら今日初めて認識し、

YouTubeでのかてぃんさんの演奏などを時々楽しく拝見して

いましたが、また改めて彼の存在の面白さを感じました。

 東大工学部出身で音楽情報処理を研究しながら

ピアノを弾き、クラシック、ジャズ、ポップス、全ての

ジャンルに関わりながら、その垣根のない世界で

自由にオリジナリティーを出している方です。

それが本当に素晴らしい!!

 人は、こうあるべき、こうでなくてはいけない、

社会がこうなっている、型破り、常識破りは難しい、

という思い込みが多くあります。

効率ばかり考えていると、いつの間にか自由が

なくなり、スピードや出来栄えだけを求めるように

なってしまいますが、本当の人生の面白さは、

自分の可能性を信じて、それを楽しめること。

いわゆる社会の「普通」や「常識」にとらわれない

生き方でも良いんだということを、彼は音楽を通じて

伝えてくれているようです。

 何でも分かりやすくカテゴリーに人は収めたくなり、

教育でも、それぞれの教科がはっきり分断されて

いますが、人生はそういうものではなく、

様々な世界や分野が入り混じっていて、

その中で自分らしく自分の世界を作り上げていく

そういう力が本当は大切なのではないかと思うのです。

 角野さんの弾くピアノ協奏曲第1番はショパンの

美しさが表れ、そして、今流行りの曲やポップスなどを

軽快にアレンジしながら弾くかてぃんさんのピアノも

また、音楽の楽しさを教えてくれます。

色々な世界で縦横無尽に活動されているその姿に

今日、改めて刺激を受けながら、

音楽というのは私たちの心を時には癒し、

時には楽しませてくれる有り難い存在なのだと

実感いたしました。

そして、型にはまらない勇気や人生を楽しめるよう

自分らしさを大事にすることも改めて感じております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.92を配信中です。

こちら

  〜心の柔軟性を高める方法〜

固定概念にとらわれたり、心が頑なになると

物事がうまくスムーズにいかなくなることが

あります。

心を柔らかくし、他人にも自分にも優しくなれる

方法をお伝えしておりますので

是非ご覧頂けましたら嬉しく思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 

2022年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31