寒松一色千年別(かんしょういっしきせんねんべつなり)

 老松は、千年という歳月を経ても寒さに耐え、

緑の葉を茂らせています。

たとえ、冷たい風が吹く日でも、雪が積もる日が

あったとしても、それでも、変わらずにその中で

息づく緑。

それは、どのような環境であっても力強く生きていく

逞しさを私たちに教えてくれるようです。

 『寒松一色千年別』

世界の情勢は不安定になり、自分自身の生活や人生も

楽しいことばかりではありません。

厳しい環境に身を置かざるを得なかったり、

試練が待ち受けていたりすることもありますね。

でも、冬が終われば、必ず暖かな春がやってきます。

少しずつではありますが、

草花も芽吹き始めています。

土から芽が出てくるその姿を見ると、

とても嬉しくなってきますね。

雪が降る地方は、今年もかなり大変だったことと

思いますから、暖かな春を迎えるというのは、

喜びもひとしおなのではないかと思います。

 世界の状況、日本の状況、そして個人それぞれの

今ある環境の中で、流されず、自分の頭で考え、

私たちは最善を尽くしていかなければなりません。

そのためには、自分自身にしっかりと立ち返り、

ブレない軸を持つこともとても重要です。

 千年を経ても風雪に耐えられるその松は

そこで生き抜く力を持ち続け、

何があってもブレない軸があるからこそ、

静かに、でも力強く生きています。

人間ですからもちろん萎えることもありますが、

自分軸をしっかりと持てるように

過ごして参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 『エクラの風』Vol.99を配信いたしました。

「ポジティブになるために 脳をだます!?」→こちら

日常生活の中で、些細なことに対しても

少しでもポジティブでいられるようにするための

簡単な方法をお話しております。

是非、ご覧頂けましたら嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→