適度な刺激でモチベーションを上げる

 どんなに高い目標を掲げたとしても、

毎日同じような生活パターンやお仕事の状況の中に

いますと、最初にあったはずのモチベーションも

段々下がってくることがあります。

成果があればまだしも、理想と現実のギャップを

目の当たりにしたり、難しさを一度感じてしまうと

なかなかそれ以降のやる気も出てきませんね。

 ですから、目標は大きく持つだけでなく、

細分化して、その小さな目標に向かって日々進んで

いくことも大切です。

そして時には、刺激も必要。

 「ヤーキース・ドットソンの法則」というものが

心理学の中でありますが、

適度な刺激や緊張感がパフォーマンスをあげる

というのが実験研究によって分かっています。

この高過ぎず低過ぎない緊張状態、

強過ぎず弱過ぎない刺激、というその程よさが

大事なわけですが、これを自分で分かってくると

自分自身でパフォーマンスを上げていくことが

出来るのです。

もちろん、親が子どもに、あるいは先生が生徒に

そしてビジネスでは上司が部下に求めるものが

ありますから、そこをサポートするために

いかにやる気を起こさせるか、ということも

あるかと思いますが、その最適さが難しいところ

かもしれません。

 まずは自分に対して日々の生活の中で、

適度な刺激や緊張感を与える工夫をしてみましょう。

本日は久しぶりの出張で、私も程よい刺激を受けて

参りました。

その刺激を受けることで、自分に今足りない部分が

見えてきたり、すぐにそれが分からないことに

関しては、今後何をしていけば良いのだろうか

と改めて考える良いきっかけになります。

 もしそのようなチャンスや予定が無いのであれば

いつもと違う場所に行ってみたり、いつもは

会わない方にあえて連絡をとって会ってみたり、

または理想の方や、自分より少し先を歩いている

と思える方にアポイントをとってみたり・・・

そのようなちょっとした緊張感を伴う刺激というのは

とても良い脳活性にもなりますし、必ず行動にも

つながるはずです。

 4月も早いものでもう終盤に差し掛かりました。

是非、ゴールデンウィーク前に一度、程よい刺激を

持つようにしてみて下さいね。

さあ、何が出来そうですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.100まで配信しております。

「人生の質を高めて 自分らしく生きるには」→こちら

Vol.100は、世の中がどのように変化しても、人生の質を

上げていくのか、下げてしまうのかは自分次第です。

運を味方にしながら、自分らしく生きることについて

お話しております。

また、過去の動画も、併せてご覧いただけましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→