少しでもエネルギーを与えられる人になるのには

 昨日、他人の目を気にしないようにするには、

自分自身を満たしておくことが大事だというお話を

いたしましたが→こちら

自分を満たすと、エネルギー値と波動が高くなります。

でもそれがあまりにも利己的ですと、

他人のエネルギーを奪ってしまいますので要注意。

他人の時間を使ってしまっているかもしれませんし、

たとえばお相手が気持ちが沈んでいる時に

「元気出して〜!」と明るく言葉をかけても、

お相手はかえって辛くなってしまうだけです。

元気に明るければ他人にエネルギーを与えられる

というものではなく、

無理なく同調できることが大切です。

悲しんでいたり、沈んでいたとしたならば、

その波長と同じような波長でお話を聞いてあげたり

明るく元気な方とお話するのであれば

それなりのエネルギーを出すことができれば

お互いに心地よくいられますね。

 エネルギーを与えられる人というのは、

お相手を心地よくさせたり、無意識にその波動に

合わせられるということです。

そこには思いやりがあり、愛情があります。

 でもその思いやりや愛情が頭で考えたものではなく

心から出てきたものであるためには、

やはり自分を満たしておかなくてはいけません。

自分のエネルギーは常に満タンなわけではない

のですから、時には充電する必要もあるのです。

 エネルギーの出し方、使い方、入れ方、満たし方。

バランスを上手にとりながら、少しずつでも

周りにエネルギーを与えられるようになると

良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.100まで配信しております。

「人生の質を高めて 自分らしく生きるには」→こちら

Vol.100は、世の中がどのように変化しても、人生の質を

上げていくのか、下げてしまうのかは自分次第です。

運を味方にしながら、自分らしく生きることについて

お話しております。

また、過去の動画も、併せてご覧いただけましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→