気づきを得ると深みが増す

 「気づき」というのは、意識していないと

得られないものでしょうか。

それとも無意識の内に得ているものでしょうか。

無意識の内に気づきを得るというのも

何だか変な話ですから、やはり、気づきというのは、

意識の上であるものですね。

でもそれはいつも瞬間的。

ですから逃しては勿体無いことなのです。

 私の大好きな言葉「セレンディピティ」つまり

偶然の幸せを得るためには、

まず行動すること。次に何かに出会ったら、

そのことに「気づく」こと。・・・そして

出会ったものに気づいたら、それを受け入れること。

と茂木健一郎氏の『脳がときめく魔法の言葉』

の中にも書かれています。

つまり、行動あってこそ「気づき」を得られるのです。

行動無くしては「気づき」はありませんね。

そして、あっ!という瞬間から、

じんわりと、そうなんだ!と思えるその時まで

「気づき」を大切にすることです。

せっかく新たな知識を得たり、文化教養に触れても、

ただそれだけでは、自分の内側の変化はありません。

内側の小さな変化があるからこそ、人として深みを増し、

人生をより豊かにするのですから、

自分のその「気づき」を大事にして参りましょう。

そして自分自身に向き合ってみましょう。

「気づき」の後の自分ミーティングは

掘り下げて自分を知るのに、とても良いきっかけに

なるはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.100まで配信しております。

「人生の質を高めて 自分らしく生きるには」→こちら

Vol.100は、世の中がどのように変化しても、人生の質を

上げていくのか、下げてしまうのかは自分次第です。

運を味方にしながら、自分らしく生きることについて

お話しております。

また、過去の動画も、併せてご覧いただけましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→