負の感情は自分の価値観のジャッジから

 不安や苛立ち、怒りや悲しみなどの負の感情は

自分がこうあるべきだと思っている世界が

そのようになっていない、思い通りでない時に

起こり得ます。

そしてそれは、意識して起こるものでもなく、

感情というのは潜在的な部分から湧き出てきますので、

思考の枠を超えているものなのです。

人間ですから、それが全て悪いというわけでは

ありませんが、それでも常にマイナス感情に

囚われているのも不快ですし、どこかでそれを

プラスに変えられる方が気持ちも楽になりますね。

 人間関係では特に、嫌な思いをすることも

あります。

「ありえない・・。」「信じられない・・。」

「常識では考えられない・・。」と思うような事を

直接的にも間接的にも、するような人もいますし、

事実とは異なる悪口や批判をあちらこちらでする人も

悲しいことにいますから、

それに対してショックを受けた経験がある方は

いらっしゃると思います。

でもそこで、その人の世界で勝手にやったことで

本当のことではないのだから、自分は変わらず誠実に

自分の世界でやっていけば良い、と思えれば、

苛立ちや悲しみもかなり軽減できます。

 その相手に対して、「普通は・・」とか

「そんなこと人としてやってはダメでしょ」

という自分の基準(たとえ常識的だったとしても)

からのジャッジがあると、どうしても負の感情が

心を占めて苦しくなりますから、

それらの感情と上手に付き合い、感情整理が

出来ると良いですね。

 そうは言っても感情というのは複雑で、

頭で理解してもその感情整理は難しいもの。

私も、手放そうとしてもなかなか手放すことが

出来ない嫌な経験、思い出したくなくても

時々思い出してしまう不快な感情があります。

時間の経過とともに薄れる部分もあるかも

しれませんが、それでもやはり常に心の片隅に

引っかかることもあります。

 長くなりますので、続きはまた明日、

不快感を取り除く方法などをお伝えいたしますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.100まで配信しております。

「人生の質を高めて 自分らしく生きるには」→こちら

Vol.100は、世の中がどのように変化しても、人生の質を

上げていくのか、下げてしまうのかは自分次第です。

運を味方にしながら、自分らしく生きることについて

お話しております。

また、過去の動画も、併せてご覧いただけましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829