「おのずから」

 昨日は「自然体」の話をいたしました。

お読み下さった方は、ご自身の「自然体」

というのはどのような状態なのか、

明確になりましたでしょうか。

私は自分軸を大切にしながらゆっくりと

考えて参りたいと思っております。

 さて、本日はお庭の剪定をやって頂き、

ようやくすっきりいたしました。

今年は様々な事情で時期が遅れてしまったため、

夏の間に伸び切ってしまった木や、

もうすでに落ち葉になってしまった木もあり、

それが自然体であると言えばそれまでですが、

やはり、綺麗に整えて頂くことで、来年の生育が

また良くなりますから、とても有り難く思います。

 お庭はある程度造られた形ではあるものの、

毎日その自然の移ろいを見ながら四季を感じる

ことが出来るのですから、私たちは常に、

自然と共に生きているのだということ、

そしてお庭だけでなく、日本中の自然の美しさを

見ることが暮らしの一部になっていること、

また自然を頂くことが出来るということに

改めて感謝の念が湧いてくるようです。

 古来日本人は、自分を生かしてくれている

自然界への感謝や畏敬の念があり、天と地の間に

生きる全ての命は等しいと考えていたため、

全ての生命を慈しむ心がありました。

そのため、昔の日本人には、自然と人間を区別する

という意識がなかったため、人も自然も

「おのずから」と読んでいたそうです。

「自」分と「自」然は、同じように支え合っている

という感情を持って暮らしていたわけです。

 そこからマナーにもつながってくるのですが

その話はまた機会がありましたら・・。

まずは世の中の自然環境、環境問題も含めて

「自然」を大切にして参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.100まで配信しております。

「人生の質を高めて 自分らしく生きるには」→こちら

Vol.100は、世の中がどのように変化しても、人生の質を

上げていくのか、下げてしまうのかは自分次第です。

運を味方にしながら、自分らしく生きることについて

お話しております。

また、過去の動画も、併せてご覧いただけましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829