「あるがまま」を受け入れるということ

 自分のあるがままを受け入れて、

思うとおりに行動することは、

わがままとは異なります。

そして、あるがままに生きるというのは、

向上心などを持たずに、そのままの状態で

満足することをいうものでもありません。

 『不妄念』という言葉があります。

正念を忘れずに・・ということですが、

「正念」というのは、広辞苑によれば、

雑念を払い、深く真理を追求すること、

などが挙げられていますけれど、

正念というのは、自分の生命の根っこは

宇宙の生命であることを自覚していること

だとも言われています。

その正念を忘れないでいることが「不忘念」。

 世の中にいる私たちは、目の前のことばかりに

捉われれ、宇宙という広い範囲で自分を見る

ことがなかなか出来なくて、その存在、あり方を

忘れてしまっています。

他人や世間が気になり、なかなか本来の自分を

出せないままにいるのかもしれません。

 たとえばコロナ禍によってマスクをすることに慣れ、

今度はマスクの規制が緩くなったとしても、皆、

周りの様子を見ながら、なかなか外せないマスクをして、

狭い範囲の中に自分の存在を閉じ込めてしまうのです。

日本人の特性というものもありますが、

他人の思惑が気になり過ぎて、本来の姿というのを

忘れてしまい、どこに有り難さを注ぐのかも

見えなくなってしまいます。

 自分の生命は、世の中だけにあるのではなく、

宇宙の力で支えられていること、その宇宙の一員で

あるということ、それを忘れずにいることが

自分の生命の「あるがまま」を受け入れるという

ことなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.100まで配信しております。

「人生の質を高めて 自分らしく生きるには」→こちら

Vol.100は、世の中がどのように変化しても、人生の質を

上げていくのか、下げてしまうのかは自分次第です。

運を味方にしながら、自分らしく生きることについて

お話しております。

また、過去の動画も、併せてご覧いただけましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930