感覚と思考、どちらを優先する?

 時々ブログでも話題にしていますが、

人生は選択と決断の連続です。

ですから、今、実際に起こっていること、

現実にある目の前の状況は、

自分で選択して決断した結果だということ。

他人によるものではありません。

うまくいった時は、自分が頑張ったから・・

でも、うまくいかないと、環境や他人のせいに

してしまってはいけませんね。

 もし、今の状況に満足できていなかったとしたら、

選択や決断をするときに、

自分の感覚を優先していたのか、それとも

思考を優先していたのかを思い返してみるのも

1つのポイントです。

たとえ失敗したとしても満足感を得られている人は

だいたい感覚を優先しています。

「これをやってみたい。」

「こっちの方がしっくりする。」

「やっぱりこれが好き。」などというような感覚。

でも選択する時に、

「こっちを選んだ方が得かも。」

「これの方がラクそう。」

「こちらの方が安全だと思う。」などと

思考を優先してしまうと、自分の感覚や潜在意識を

押し込めてしまっているので、結果、

満足感を得られなくなってしまうのです。

 社会的通念や、常識、世の中でのイメージや習慣

などに捉われて、思考の上だけで選択してしまうと、

もしかして人生の最後には、悔いだけが残ってしまう

かもしれません。

大きな決断も小さな選択も、「自分の感覚」を

まずは大事にすること。

それから考えても遅くはないのです。

 明日は冬至。

ゆっくり柚子湯で温まりながら、

潜在意識にアクセスしやすくするのも

良いかもしれませんね。