人間力って何?

 「人間力を高める。」

というような言葉を時々見たり、耳にしたりしますが、

人間力というのは、そもそも何なのでしょう。

辞書にも載っていませんし、とても抽象的で、

あいまいな言葉ですが、ウィキペディアには

人間力戦略研究会(こういうのがあるのですね。)の

座長であった東京大学の市川伸一教授が、

「社会を構成し運営するとともに、自立した一人の

人間として力強く生きていくための総合的な力と定義したい。」

と述べているとあります。

でも、力強く生きていくための総合的な力って何でしょう。

それは、人によってそれぞれ違うような気がするのですが、

やはり、人との関わりの中で生きていく上では、

独りよがりではいけませんし、自立しながらも、

他人に対する思いやりの心を持ち、そして、

どのような状況であっても、感情コントロールができて、

その困難な状況を乗り越えられる力が必要なのだと思います。

 さらに一度きりの人生で、自分なりの楽しみを見つけ、

どのような形でも幸福を味わうことができるのであれば、

そこに生きがいを見出し、最期にこの人生良かった、

と思えるのではないかと思うのです。

 つまづいても、失敗しても、

また、思い通りにいかなくても、

それは人生に必要なことであるのかもしれませんし、

直面した問題を、大きな問題だと捉えるか、

人生の学びであると捉えるかは、考え方次第です。

自分の価値観を大事にしながらも、慈愛に満ち、

困難な状況でもともに生きていく力を持っていれば、

それが人間力でもあり、私たちに必要な力である

のではないかと思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→