スタッフブログ

 日本の伝統色

 古来より、私たちの暮らしの中には四季の移ろいとともに、様々な「色」があります。

繊細な色合いや情趣に富んだ色、きらびやかな色彩や侘び寂びの世界に見る風流な彩り。

それらは歴史の流れの中で、日本人の豊かな感性でとても風雅な色名がつけられました。

 現在は、色を系統的にそして合理的に表す世界標準のカラーシステムがありますので、洋色名の方が

圧倒的に多く使われていますが、古典や近代文学作品の中で時折、日本の伝統色名を見ると、日本人の

心が美しく表現されていて、時代を隔てても私たちの心の琴線に触れるような気が致します。

 本日は、また素敵な女性がパーソナルカラー診断にいらして下さいました。

彼女は、和服もお召しになりますし、内面から醸し出される美しさや、日本人の持つたおやかさを大切に

していらっしゃいますので、お似合いになる日本の伝統色をお伝えすると、またひと味違う色の楽しみ方

が出来るのではないかと思います。

 一斤染(いっこんぞめ)〈ベビーピンク〉、藤色〈ウィステリア〉、紅藤〈ライラック〉

瑠璃紺(るりこん)〈ロイヤルブルー〉、覗色(のぞきいろ)〈スカイブルー〉・・・

彼女のお似合いの色の中にも、素敵な日本の伝統色名がありました。