スタッフブログ

 ビジョンを持つ

 若い時は若いなりに

歳を重ねたら重ねたなりに

年齢には関係なく、ビジョンを持つことは

大切です。

別にそれは、壮大な夢や、高い目標でなくても

構わないのです。

朝起きてすぐであれば、今日は1日どのように

過ごそうかしら。

夜であれば、明日はどういう1日にしようかしら。

というイメージをしてみるのです。

そのイメージが鮮明であればあるほど、

行動もしやすくなり、現実味を帯びてきます。

もしも、少し先の目標があるのであれば、

それをあたかも実現したかのように

ポジティブなイメージを持つようにします。

もしそれが不安や心配を伴うもので、

ネガティブなイメージも合わせて持ってしまうと

やはり、その後の思考や行動に

大きく影響してしまいます。

まずは脳内にわくわくするようなビジョンを

持つこと。これが大切です。

 幼い頃から目が見えなかったヘレン・ケラー。

彼女はそれでも社会に大きく貢献したのは

成功のビジョンをしっかりと持っていたから。

素敵なことばがあります。

ー目が見えないよりも残念なことがあるでしょうか。

 もしあるとすれば、それは

 ビジョンを持たないことです。

 目が見えるのに、ビジョンを持っていないのは、

 たいへん残念なことです。

by ヘレン・ケラー

 

 失ったところに、新たなものが入ってくる

 段々、草花の息吹が強く感じられ、

生命力がみなぎる季節になって参りました。

地上から仰ぐ大きな木々は、大地を守り、

私たちを包み込んでいるように感じますが、

高いところから新緑を眺めるその景色も

また美しく、心癒される思いが致します。

 私たちは、生きていれば、

良いことばかりでなく、失うものもあり、

辛く悲しいこともあるかもしれませんが、

失ったところには、必ず、何か新たなものが

入ってきます。

でも、これは、失ったものに執着せず、

前を向いて、流れに身を任せるぐらいの

気持ちでいられるようになればです。

 健康を害せば、健康の有り難み、

怪我をすれば、怪我をしなかったところへの

感謝の念。

若さが無くなっても、それまで培った経験と教養を。

立場を失っても、磨いてきたスキルと人脈で

また新たな事業展開ができるかもしれません。

 ですから、失うということを決してマイナスに

捉えず、必ずそこに何か別の意味あるものが

入ってくると信じて、過ごして参りましょう。

 寒さで心に穴が空いたとしても

必ず暖かな風と癒しがやってきます。

春はそういう気持ちを後押ししてくれる

嬉しい季節でもありますね。

 

 答えが分からなくなった時は・・

 悩んだり、迷ったりした時に、

心の声に耳を傾けて・・とか

直感を大事にして・・

などと私もよく言いますが、

でも、心の声に耳を傾けたけれど、

よく分からない・・

直感を大事にしようと努力したけれど、

その直感が分からない・・

という場合もあるかもしれません。

常に潜在意識にアクセスしやすい状態を知り、

1日に1回でもそこから何かをキャッチしたり、

せめて、自分自身に問いかける習慣があれば

良いのですが、なかなかそのような習慣がない方は

自分の心の声を聞くというのは、

難しく感じてしまうことと思います。

 そのような時は、ちょっと違う質問を

自分に問いかけてみるのもオススメです。

たとえば何かを決めなければいけない時、

「もし、尊敬する◯◯さんなら、何と言うかしら?」

「もし、大好きな人に聞いたら、何と答えて

くれるかしら?」

「もし、何でも叶うとしたら、どちらを選ぶかしら?」

というように、「もし・・・」のような質問で

聞いてみましょう。

そして、そこで出てきた答えを大切にしましょう。

なぜなら、それは全て、自分で導き出した

自分自身の答えだからです。

 迷ったとき。悩んだとき。

答えが分からなくなったとき。

是非、試してみて下さいね。

 

 心をほぐすとうまくいく

 久しぶりにストレッチをしました。

しばらく続いた腰痛で、身体の動きを最小限に

していたためか、もともと硬い身体が、

さらに硬くなっていて、反省です。

思いがけないことで、思いがけないところを

痛めることもあるのを普段から十分意識して

生活していかなければいけませんし、

もっと必要な筋肉をつけていきたいと

改めて思いました。

でもストレッチをして身体がほぐれると、

何だか心までもほぐれるような気がするものです。

心がほぐれると、思考も柔軟になりますし、

様々なことに対して、落ち着いて取り組んだり、

対処できるようになります。

 私たちは日々、様々なことを考え、感じ、

時には喜びを、また時には悲しみや辛さを味わい、

ストレスを感じることもあるわけです。

そういう心の中の混じり合った感情を抱えて

生きているのですから、人間は素晴らしいとも

思うのですが、やはり、その抱えているものを

整理したり、時々吐き出してみたり、

ほぐしたり・・・とより良い状態にするために、

工夫をすることが必要です。

 どのような工夫をするのかは、人それぞれ。

でも、たった1つよりも、その方法を自分なりに

いくつも持っていると、いざという時に、

臨機応変に使い分けができます。

人任せだったり、文句ばかりを言うのではなく、

今ある状態で、心をほぐし、整えていくことが

できれば、物事もスムーズに運んでいきます。

心を自分でほぐすということは

まず自分自身をよく知っておくこと。

ですから、自分を知るとうまくいくのですね。

久しぶりに電子書籍のタイトルを出しましたが、

結局はそこに通じるのです。

 

 出る杭は打たれても・・素敵な人

 とても優れていて、才能が素晴らしく

世の中で活躍されている方は、とかく

他人に妬まれたりしがちです。

目立てば、それだけ打たれてしまうことが

あるのかもしれませんが、

それでも、ご自分の信念を強く持って、

活動されている方は、本当に素敵だなと思います。

 人の価値観や考え方は千差万別で、

全ての人に受け入れられるということはあり得ず、

それでも、少しでも多くの方たちに

自分の活動が理解されれば、嬉しいことですが、

そこにはやはり、大きな壁があったり、

うねるような波があったりして、

思うように真っ直ぐに進めないこと、そして

試練が次から次へと降ってくることもあります。

それでも、大切なのはブレない軸と、信念を

持ち続けることです。

他人の意見に左右されず、環境のせいにもせず、

でもそれだけではなく、周囲のことを受け入れる

柔軟性を持ち合わせることも必要なこと。

 そしてそういう素敵な方は、常に感謝の心を

忘れないで、一見当たり前のように思えることでも、

当たり前だと思わずに有難いという気持ちを

持ちながら、ご自分の力を惜しみなく

注いでいらっしゃるのです。

 時々揺れてしまう信念も、

自分を信じて焦らずにやっていくことが大切ですね。

「令和 慶祝カラー」

 色は私たちの生活で切っても切れないもの。

自然が織り成す色から、人工の色まで、

私たちは、素晴らしい様々な色に囲まれています。

そして、パーソナルカラー診断やフラワーセラピーなどを

やっている私は、色が大好きで、また、日々、

色に癒されてもおります。

 この度、一般社団法人 日本流行色協会により、

「令和 慶祝カラー」が発表されました。

5月1日から始まる「令和」の時代を迎える

国民の慶びを込めて決められています。

 「梅」「菫」「桜」

どの色も、私たちの身近にあり、また

日本を代表するとも言えるこれらの色。

「自然の美しさを愛でる穏やかな日々が

未来永劫続くよう、願いを込めて選んだ」そうです。

 1959年(昭和34年)今生天皇ご成婚時

1993年(平成5年)皇太子殿下ご成婚時 にも

「慶祝カラー」というのが発表されましたが、

この度の色も慶祝にふさわしく、また

日本の心を美しさを表しているようで、

素晴らしいです。

 梅を愛でながら詠まれた万葉集の梅花の歌32首の

序文をもとに選ばれている「令和」。

そして菫もまた、万葉集の時代から親しまれていたお花で、

菫色は高貴な色でもある紫色。

桜はもちろん日本人が古くから愛し、古今和歌集にも

桜色という色名として使われているほど、

日本人らしく、また日本人にとても親しまれている色。

3色とも、個人的にも好きな色なので嬉しく、

より一層、これからの時代の

平和と人生の幸せを祈るばかりです。

 私たちを作っているもの

 私たちの身体は、普段食べているもので

作られています。ですから、健康的なもの、

身体に良い栄養のあるものを摂る必要があります。

そこに無頓着になってしまうと、やはり

病気になったり、体調を崩したりしやすく

なるわけです。

そして、身体と心は密接に関係していますから、

身体に良いものを食べ、身体が喜び、

健康な状態であれば、精神も落ち着き安定します。

逆を言えば、健康でなければ、心も満たされず、

他人に対して心を寄せる度合いも少なくなって

しまうのです。

身体のためにも、心のためにも、私たちは

日々、口にする物をしっかりと意識致しましょう。

 では、頭のためにはどうしたら良いでしょう。

それは、やはり頭にも健康な状態になるようなものを

入れるように気をつけなければいけないのです。

頭に良いものとは・・?

それは、美しい言葉や適切な表現。

そして、読むもの、聞くもの、見るものに

気をつけること。

本や情報誌、テレビ、人との会話、街で目にする言葉

聞く言葉、全て頭に入って来たものを元に

思考が出来上がってきて、そして、自分を

作ってくるのです。

食べること。考えること。行動すること。

このようなことが私たちを作るのであれば、

やはり自分の中に入ってくる段階で、

気を遣っていきたいですね。

そして、よいエネルギーを循環できるように

して参りましょう。

 

 

 

 

「それでも人生にイエスと言う」

 どんなに辛いことがあったとしても

どんなに上手くいかないことばかりだったとしても

人生は、自分の意味づけ次第です。

自分ばかりが過酷だと思えば、過酷なだけの人生に。

いつも運が悪い、と思えばその通りに。

でも、試練があるからこそ、成長があり、

辛い状況を知るからこそ、小さな幸せに感謝できます。

 ヴィクトール・フランクルの著書に

「それでも人生にイエスと言う」というのがあります。

彼は第二次世界大戦中、ナチス強制収容所に

入れられましたが、自分でこのように意味付けしたのです。

生きていればいろいろあります。

別に強制収容所に入れられるわけでなくても、

辛いことは辛いですし、大変なことは大変なわけです。

でも、神様は何か大事なことを伝えたくて、

魂に様々な経験を与え、考えさせ、自分自身の存在の

意味を学んでいくようになっているのです。

私たちは、与えられた人生の中で、楽だけでなく、

苦しみも知り、自分自身と向き合いながら、

命尽きるまで、成長を重ねていきます。

その中で、苦しいことがあった時に

「それでも人生にイエスと言う」ことが出来れば、

命を全うできるのではと思うのです。

 人としての価値を大切にする

 本日は、朝早くから盛りだくさんの1日でした。

最後は、様々な分野で活躍されている方々が集まり、

それぞれのフィールドでどうやって世の中を

よりよくしていくか、ということを考え、

話し合う場にお誘いを受け、参加させて頂きました。

皆さまが共通していたのは、ご自身がお仕事をされるのに、

どんなに大変なことがあっても、幸せを感じられて

いること。

そして、世の中のために動かれていることです。

でも、どんなに理想を高く持っても、社会のシステムや、

世の中の偏見、価値観の相違により、

もどかしい思いしたり、うまくいかないことも

たくさんあります。

世の中のシステムを変えたり、政治を変えたり、

考え方を変えたりするというのは

個人の活動には限界があり、

とても難しいので、私たちは、

自分ができることからコツコツと積み上げて

いくことが大事になってきます。

日本は、まだまだ組織という存在が大きくて

「個」に価値を置くことが薄いように思います。

そして数字や結果に振り回され、

そのため、本来の目の前の大切なことを見失い、

生まれたばかりの子どもからご年配の方々までの

本来の価値、尊厳を大事にしていなかったりします。

社会も、個人レベルでも、

まずはそれぞれの人としての価値を大切にすることで、

そこから福祉、文化、教育が発展し、

世の中が明るくなってくるのではないでしょうか。

私が大事にしたい「自他共に思いやりを持てる世の中」

というのも、そこから繋がってくるように思います。

 

 

 進んでいないのではなく、準備しているだけ

 今日は4月とは思えないほど寒い1日でしたね。

あんなにポカポカと暖かい日もあって、

春の訪れに、心踊る時もありましたのに、

冬が戻ってきたような感じです。

おまけにお天気も悪いとなると、

この天候不順のために気分が乗らなかったり、

メンタルが落ちてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

必要以上に心配になったり、

普段ならかわせるのに、ちょっとしたことで

傷ついてしまったり、

自分はこのままで良いのだろうか、という不安が

押し寄せたり、戸惑ったり・・・。

このようなネガティブな感情が出て来たら、

焦らずに、落ち着いて、

「今はこれでOK!」と受け入れることが大事です。

新年度で、これからだというのに、

つまづいていて、良いのだろうかと、

また思ってしまったら、

いいの!いいの! 今は準備中! だからこれでいいの!

と、また受け止めるのです。

早くできること、早く進むことが良いとは限りません。

物事やその人それぞれのタイミングがあり、

テンポもスピードも、そして流れがあるのです。

今、もし、自分は全然進んでいない・・と思ってしまって

いるのなら、今、準備をしていて整えている時だから、

大事な時なんだ、と思うように致しましょう。

今はモヤモヤする時期であっても、それは大事な時期。

これからのステップに必要な時期なのです。

ですから、大切なのは、今、目の前にあることに

丁寧に向き合い、心を込めて行うこと。

そうしている内に、次第に晴れやかな日が

訪れるはずです。

大丈夫。安心して。。。