スタッフブログ

 主張しなくても存在する美しさ

 薔薇の季節。あまり日当たりの良くないお庭にも

数少ない薔薇のお花が毎年咲き、芳しい香りを

漂わせている今、本当に幸せな気分になります。

薔薇はやはり存在感がありますね。

芍薬も同様。どちらも、たとえ一輪であっても

美しさは格別です。

でも、私たちはその目立つお花の美しさだけに

目を向けるのではなく、その脇に咲く小さなお花、

道端に咲く名前も分からないお花などの美しさも

忘れてはいけません。

 決してその存在をアピールしているわけでもないけれど、

この自然の中で精一杯、可憐に咲くお花を見ると、

やはり美しく思います。

それは控えめだけれど、生きるという意味では

同じようにエネルギーを発し、色を持ち、確かに

存在しているその生命力を感じるから。

 そして人も同じなのではないかと思うのです。

目立つ人がすごい訳でも、自己主張する人が

かっこいい訳でも、表舞台に立つ人が素晴らしい訳でも

ありません。

目立たなくても、謙虚であり、慎み深い人は

存在するだけで美しくもあります。

評価されたい、認められたい、成功したい、

というような自己アピール、自己主張するのではなく

内側から自然に出てくる美しさです。

 2人以上でいる時に、人は必ずその立ち位置や役割が

あります。自分がどこに居て、その場所でどのように

振る舞うのがよいのか、マナーの観点からでも

とても大切なことなのですが、マナーで言う

いわゆる席次のことではなく、周りをよく見て配慮し、

どこに自分がいれば周りの方達が心地よくいられるか

どのように心を配れば周りの方達が安心できるのか、

という思いやりを持てる人が美しいのです。

自然に他人を立てることが出来るからこそ生まれる

謙虚な存在感があると素敵ですね。 

 薔薇や芍薬は私の大好きなお花ですが、

花束などによく添えられるかすみ草の存在も

とても大切です。

決して主張しないけれど、その役割を的確に

担っている美しさを大事にしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.7

自分磨きを目的にしないで、自分の考えや価値観

「TO BE」を大事にしましょう。

ということをお伝えしております。

是非、ご覧下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 今は軸が揺れる時だからこそ・・

 今は世の中の流れが変わってきていて、

生活リズムも、生活様式も、そして

考えるべきことも、数ヶ月前とは全く異なる

状況の中で、唯一変わらないのは、

私たちはこの宇宙、この地球で生きている

ということ。

目の前の小さなことばかりに囚われていると、

大事なことを見失ってしまいます。

そして自分のあるべき姿も分からなくなって

しまいます。

 今は自分の軸が揺れる時かもしれませんね。

自分の中心に戻れる場合は良いのです。

試行錯誤というのは、揺れても戻れるところが

しっかりあり、しなやかに揺れているということ

ですから問題ありませんが、

偏った情報だと分からずに、振り回されてしまったり、

人の意見ややり方が気になってしまって、

自分の気持ちや自分らしさが揺らいでしまい、

あっちへふらふら、こっちへふらふらしていると、

周りにコントロールされてしまいます。そして、

エネルギーも余計なところに吸い取られてしまいます。

 世の中が不安定なのですから、人も不安定に

なってしまうのは当然です。

でも、それでも自分軸をしっかりと立てていれば、

どのような状況になっても、落ち着いて物事を

考えることが出来ますし、自分で責任を持てる

判断をすることが出来るはずです。

この機会に自分軸をしっかりと確認してみましょう。

 エネルギーを注ぎたいところはどこですか?

これからもこの揺れる世の中で生きていく上で

大事にしたいことは何ですか?

あなたはどのように過ごしていきたいですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.7

自分磨きを目的にしないで、自分の考えや価値観

「TO BE」を大事にしましょう。

ということをお伝えしております。

是非、ご覧下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 悩みのパターンを見つけてクヨクヨしないようにする

 悩む時はだいたい、人によってそれぞれ

思考のパターンがあります。

悩んだとしても、すぐに思考を切り替えられて

次の行動へと移れる場合とや、逆に、

悩み始めたらいつまでもクヨクヨと悩んでしまう場合。

もちろん、いつまでも悩んでいたい訳ではないけれど、

無意識にそのようなパターンになってしまうのだと

思います。

でも、いつまでもクヨクヨと悩んでいると、

心へのダメージばかりでなく、体にも影響を及ぼしますので、

できるだけ、その悩みは解決したいですね。

 ただ、考えればどうにかなるものは、建設的に考えて

解決方法を探し出せばよいのですが、

考えてもどうにもならないことというのがあります。

それなのに考えてもどうにもならないことに限って

クヨクヨと考えてしまうのですね。

ですから、考えてそれがどうにかなるものなのか、

どうにもならないものなのかをまず把握すること。

そして、悩み始めたら、あっ私は悩み始めた。と

客観的視点で考えて、この考えはやめよう!

と意識的に思ったり、あるいはタイマーをかけて

5分だけ悩んでみよう・・と考えたり、

あるいは全く違う事柄、たとえば、

好きなアーティストのことを考えるとか、

一番好きな音楽をかけて音楽の方にしっかり

集中するとか・・。

 無意識に悩み始めているのですから、

できるだけ早い最初の段階で、パターンを崩せる

ように、いつもと違うことをするのです。

するといつのまにかそのクヨクヨと必要以上に

いつまでも悩んでいるということが出来なく

なってきます。

 誰にでも悩むことはありますが、

考えてもどうにもならないことだと分かったら、

思いきってそれを手放してみましょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.7

自分磨きを目的にしないで、自分の考えや価値観

「TO BE」を大事にしましょう。

ということをお伝えしております。

是非、ご覧下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 意志力を強めるには小さなステップから

 あなたは意志が強い方ですか?

それとも弱い方ですか?

せっかく決めたことなのに、続けられないとか、

せっかく頑張ろうと思ったのに、挫折して

しまったとか、いつのまにか、気づいたら

やらなくなっていた・・など、様々な要因で、

何かを途中でやめることになってしまった経験は

やはり誰にでもありますね。

でも、それは意志が弱いからだけではありません。

 要因は様々ですから、計画の立て方が単に

あまり良くなかっただけのことかもしれませんし、

習慣にするための工夫が足りなかったからかも

しれません。自分の問題ではなく、外的要因により、

継続が難しくなっただけの場合もあります。

ですから、意志が弱いというのは思い込み。

その言葉の枠の中にはめ込んだに過ぎないのです。

 自信を持って、まずは小さなステップから

始めてみましょう。

これなら絶対にできるということを探して、

そのことを決断する。

例えば早起きをしよう、と思ってもなかなか出来ず、

かなりハードルが高く感じる場合は、朝起きたら

まずコップ一杯のお水(お白湯)を飲むようにする、

と決意するのです。早起きはすぐにはできなくても

お水を飲むぐらいでしたらすぐに出来そうですものね。

 気をつけなくてはいけないのは、

これを食べないようにする。とか、

これをやらないようにする。というような否定語。

潜在意識や脳は、否定語を認識しませんので、

余計にそれを食べたくなったり、やりたくなったり

してしまいます。たとえ否定していたとしても、

そちらに注意が向いてしまうからです。

否定語を使わずに、出来そうなことを決意して、そして

行動していくうちに、「できる!」というセルフイメージが

次第に作られてきます。

すると、大きな決断をして行動できるようにも

なってきます。もうそのようになったら、強い意志は

あなたの中に作られていますね。

 どのようなこともまずは小さなステップから・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.6

〜心美しく生きるために〜 を公開しました。

私の大好きなサム・レヴェンソンの詩

オードリー・ヘップバーンが愛したことでも

有名な素敵な詩を朗読しています。

(日本語訳全文と一部英語原文)

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 素直になるには・・

 なかなか素直な気持ちを表に出すことができない、

なぜだか素直になれない・・というような方も

本当は誰でも素直になりたいものだと思います。

でも、過去の経験で、正直な気持ちを伝えたら、

上手く相手に伝わらなくて、わがままに思われて

しまったり、かえって辛くなることがあったりして、

素直になることを諦めてしまっている方。

他人からの評価を気にしてしまうあまり、

嫌われるのがこわくて、素直になれない方。

あるいはそのままの自分を出すことが恥ずかしいから

なかなか素直な自分を出せない方もいらっしゃる

かもしれません。

 素直になるというのは、自分の気持ちにまっすぐに

正直であること。お相手への配慮、思いやりを持ち

ながらも、自分自身の考えは常に持っていること。

ということなのですが、言うほど簡単ではないことも

ありますね。

でもどのような場でも、良い人間関係を保つためには、

素直でいることは大事な要素の1つです。

 素直になるためには・・

まず、やりたいと思ったことをやってみる、という

自分自身のことから始めてみましょう。

やりたいけれど、どうせ無理とか、失敗したら嫌だから

できない、などと否定から入ってしまうと、

自分の素直な気持ちになかなか正直になれません。

まずは自分を信じて、気持ちに素直に行動に移して

みましょう。

そして、そのような行動を起こせた自分に自信を持ち、

自分に自信を持てると、素直な気持ちをお相手にも

そのまま伝えられるようになります。

ここでお相手の気持ちやお相手の状況に配慮する

ことができれば、その「素直な気持ち」は

決してわがままや自分勝手にはなりません。

 さらには、他の方からの行動やお話でとても

嬉しかった時や、他人から温かいお心遣いなどを

頂いた時などに、感謝の気持ちというのは

そのままお相手に伝えるようにしていますと、

素直さというのがどんどん培われてきます。

 自分自身の気持ちをきちんと把握し、

もし他人からのアドバイスがあったとしたら、

それを受け入れて、でも、それに流されずに

自分の正直な気持ちも尊重しながら、

素直な人生を歩むことができると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.6

〜心美しく生きるために〜 を公開しました。

私の大好きなサム・レヴェンソンの詩

オードリー・ヘップバーンが愛したことでも

有名な素敵な詩を朗読しています。

(日本語訳全文と一部英語原文)

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 思い通りにいかない時のストレスを防ぐ方法

 何かを一生懸命にやっていても、どうしても

思い通りにいかないことは誰にでもありますね。

自分ではコントロールできない自分以外の要因で

予期しなかったことが起こってしまうとか、

時間が足りなくなってしまうとか、

計画どおりに進まないとか・・

このようにせっかく頑張っていても思い通りに

いかないと、イライラしてしまったり、

ストレスが溜まってきたりしてきます。

このストレスを我慢して溜めたままにしてしまうと

あとで爆発しますので、ストレスはできるだけ

防ぐようにしていきたいですね。

 そういう時は、まずは自分のイライラする感情を

認めて、「今、私はイライラしている。」と

少し客観的に気づき、そしてその思い通りに

いかなかった過去ではなく、今に集中することです。

一旦、それまでやっていたことを保留にしておいて、

心を鎮めるマインドフルネス瞑想をしてもよいですし、

何か作業をするのであれば、頭をあまり使わなくても

できる単純作業をやってみるとか、

もちろん、その場から離れられるのであれば、

気分転換も良いですね。

 思い通りにならなかった時というのは

一気に心も疲労しますので、そのような時に

3つの「R」が良いと言われています。

1. Rest(睡眠などで脳と体をしっかり休めること)

2, Relaxation(音楽などでリラックスすること)

3, Recreation(楽しいことをして心を活性化すること)

要するに自分の心身が喜ぶことをすると良いのです。

 そしてその上で、改めて、先ほどの思い通りに

ならなかったことでのメリットを少しでも見つけられると

更に心が落ち着いてきます。

視点を変えれば、必ずメリットがあるはずですから、

探してみて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.6

〜心美しく生きるために〜 を公開しました。

私の大好きなサム・レヴェンソンの詩

オードリー・ヘップバーンが愛したことでも

有名な素敵な詩を朗読しています。

(日本語訳全文と一部英語原文)

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 疑問を持つ習慣を身につけると考える力もつく

 昨日のことになりますが、次男から

卒業アルバムに載せるための幼少期の写真を

送って欲しいと頼まれましたので、

久しぶりに次男のアルバムを出して開いてみました。

子ども達のアルバムは3人それぞれ30冊近く

ありますので、特に小さい頃は写真が多くて大変です。

今なら皆さまデジタルで保管されるのでしょうけれど、

20年以上前のことですから、しっかりアルバムに

様々なエピソードなどもつけながら貼ってあります。

あまりの懐かしさに写真を選ぶことを忘れて

見入ってしまい、子ども達のその様子を色々と

思い出していたのですが、次男は小さい時は

本当に「どうして?」「どうしてこうなるの?」

という質問をよくしてきました。小学生になると

その「どうして?」がだんだん難しくなり、

私の知識ではとても答えられなくて困ってしまい、

いつも「一緒に調べてみましょう。」という返事が

決まり文句になっていたのを久しぶりに思い出しました。

 この「どうして?」と子どもは何でもかんでも

疑問を持つものですが、大人になると、知識や経験が

増えるからなのか、疑問を持つという習慣が薄れて

くるように思います。

そしてルーティーン化してしまったことなどは特に、

それが当たり前になっていて、疑問を持つなんて

全く考えもしなくなりますが、でも、私たちは

自分の力で考えるという習慣を持たないと、

いざ決断をしなくてはいけない時や、何かの判断に

迫られた時、困難な状況に陥った時、壁にぶつかった時

など、物事の状況や流れ、様々な要因を考慮しなくては

いけないのに、それが上手くできなくなってしまいます。

 「疑問を持つ」そして「考える」というのは、

本当はとても大切なことなのだと思うのです。

お仕事でもプラーベートでも、なぜそうなるのか

というような疑問を持ち、物事を深く考えて

掘り下げる習慣を、身近なところからつけられると

良いですね。

それから、子育て中の方がいらっしゃいましたら、

お忙しいとは思うのですが、

お子さまの「どうして?」を大事にして頂きたいな

と改めて思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.6

〜心美しく生きるために〜 を公開しました。

私の大好きなサム・レヴェンソンの詩

オードリー・ヘップバーンが愛したことでも

有名な素敵な詩を朗読しています。

(日本語訳全文と一部英語原文)

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 思いやりの心を持つために

 「思いやり」って何?と問われれば、大体どなたでも、

お相手の立場に立って気持ちを理解しようとしたり、

その気持ちを尊重すること、優しい心を持つこと、

というのは認識していることだと思います。

でも、このような人の気持ちというのは、基準を明確に

することは出来ませんので、何を持って「思いやり」と

言うのかは、やはり、それぞれの価値観によって

異なるものです。

ただ、「思いやり」があるということを感じるのは

お相手なので、やはり、自分中心に物事を考えたり、

善意を押し付けてはいけませんね。

 ですから、まずはお相手のことをよく見て、

どのような気持ちでいるのかを理解して、

お話によく耳を傾けること。

そしてお相手の気持ちに沿ったリアクションを

することが大事です。

そうすれば、喜びも辛さもその心情に寄り添う

ことができるからです。

 そして、もしたとえ的外れなことを言っていたと

しても、決してそれを批判せず、お相手の意見や

気持ちを尊重することも大切。

また、お相手によって態度を変えるということは

絶対に避けたいことです。

この人と仲良くしておくと得だからとか、

この人のお話を聞いても何の得にもならないとか、

そのような損得勘定はいけませんね。

 誰に対しても謙虚であり、

感謝の気持ちを忘れないこと。

そして、いつも笑顔でいられるように

自分自身の心のゆとりを持つことも大切です。

ストレスや疲れが溜まってイライラしていたり、

心の状態が不安定だとしたら、

お相手の気持ちを察したり、寄り添ったりする

ことがとても苦しくなってしまいますから・・。

 誰に対しても同じように「思いやり」の心を

持てるように、心穏やかでいるためには、

自分自身を整えることも、とても大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.6

〜心美しく生きるために〜 を公開しました。

私の大好きなサム・レヴェンソンの詩

オードリー・ヘップバーンが愛した詩としても

有名な素敵な詩を朗読しています。

(日本語訳全文と一部英語原文)

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 自分の否定的な部分を肯定的な部分でカバーする

 自分の中の嫌だな〜と思うところ、

変えたいな〜、もっと◯◯だったら良いのに・・

などと思うことは誰にでもあり、これは、

向上心の表れなので、あって当然なのですが、

もっと素敵に変わりたいという向上心があっても、

実は、無意識に変わらない自分であることを

求めていたりします。

人は、今の状態からの変化に無意識に抵抗する

ようにできているからです。

ややこしいですね。

本当はもっと良くなりたいと頭では願っているのに・・。

 そして、変わりたいところというのは

自分の中の嫌だなと感じる部分でありますから、

変えたいところ=自分の否定的なところ

としてそこにフォーカスしてしまうため、

より否定的な部分が増大してしまいます。

ですから逆に、自分の肯定的な部分、つまり、

自分の良いところに目を向けて、

そこにフォーカスして、その部分をより向上させ、

否定的な部分をカバーしてしまいましょう。

 否定的な部分も視点を変えると肯定的にも

なり得ますので、無理に変えようとせず、

自分の一部として認めて、変わらないでいられる

良いポイントにしっかりフォーカスした方が

賢明なのだと思います。

肯定的な面は、否定的な面よりも伸びやすい

とも言われていますから、有り難いですね。

自分自身は変わらないのに、意識の持ち方を

変えれば、輝き方も変わってきます。

輝きが増してくれば、また更に良くしようと

向上心が表れて、そして、

より磨かれていくはずなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.5

〜簡単にトレーニングできて、

   場所をとらないお勧めグッズ〜

をご紹介しております。

是非、ご覧下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 

 

 

 

 

 せっかく直感が働いても、それを生かさないと・・

 直感力の話は時々しておりますが、

直感というのは、頭で考えたことではなく、

最初にひらめいたことです。

それは、多くは、リラックスしている時や

ゆとりがある時などにふっと湧き出てきます。

心身がリラックスしていると、潜在意識に

アクセスしやすくなり、そこから、無意識の内に

正直な心が感じたことが湧き上がってくるのです。

 ですから、もちろん直感は誰にでも働きます。

では何がその後の違いを生んでしまうのでしょうか。

それは・・

直感が働いてすぐに、その直感に従った行動に

移すことができるかどうか、です。

直感はふっと湧き出てきますが、消えるのも早く、

そのあとに、あれこれと考えを巡らし、

やっぱりそれは現実的ではない、とか、

今は難しい、とか、お金がないから、とか、

もう少しじっくり考えてから・・などと

言っている内にそのままにしてしまうと、

せっかくの直感を生かすことが出来なくなるわけです。

 でも本当は、直感、ひらめきで出てきたことが

あなたの心の中にあった真の答え。

その後に考え直したものは、直感とは異なります。

ですから後からの考えは自分の本当の答えではないのです。

もし、そのひらめきに従って行動したとして

たとえ直感が外れたと思うことがあったとしても、

それは、目の前のことだけを見ているから。

決してそれは失敗ではなく、あなたにとって

必要なことであり、やらないより後悔のない結果を

得ることができるはずです。

 一番の失敗は、何も行動を起こさないこと。

直感を逃していたら、今と変わらない状況か、

あるいは衰退する状況を作ってしまうことに

なりかねませんので、逃さないようにしたいですね。

直感はあなたの大切な

潜在意識からのメッセージなのですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.5

〜簡単に自宅でトレーニングができる

  場所を取らないお勧めのトレーニンググッズ〜

をご紹介しています。

是非、ご覧下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→