スタッフブログ

 波があるのは自然なこと

 今日は雨が降ったり止んだりの

スッキリしないお天気でしたね。

気温は幾分下がりましたので、少しは

凌ぎやすかったものの、しばらくこのような

お天気が続くかと思うと、

太陽の光がとても恋しくなりますね。

 物事も太陽のようにキラキラ輝いて

とても上手くいく時もあれば、しとしとと

降る雨が、まるで気持ちを表しているかのように

何事も上手くいかない時もあります。

自然の流れなのですね。

晴れの時もあれば、雨どころか嵐のように

雨風が吹き荒れる日もあり、また

四季のサイクルのように、春に芽が出て

夏に生育した草木が、秋になると枯れていき、

冬の間にエネルギーを蓄える、その寒い冬を

じっと耐えると、また暖かい春が必ず訪れる・・・。

 人間も自然の一部であり、宇宙の一部でもあるのです。

それが分かると、枯れて落ちる葉があっても当たり前で、

また必ず芽吹く前の準備なのだと納得ができるはず。

落ちていく葉を嘆き悲しみ、木にしがみつこうとしても

辛くなるだけです。

 執着を手放しましょう。

必要のないものを手放してみましょう。

形のあるものも、目で見えない心情も、

マイナス感情が伴うものはそっと離して、

そして明るく輝く太陽の光が

降り注ぐ日を待ちましょう。

 自信が持てなくても、それは変われるチャンスになる。

 どのような人でも、自信がなくなることは

あるものです。

先日、一緒にお話していた方も、とても

活躍していらっしゃるのに、自信がなくなったり、

やっていることが分からなくなることがある

と仰っていましたから、誰にでも

起こり得ることなのだなと、改めて思いました。

 時々、方向性が見えなくなってしまうのですよね。

これで良いのかな、今やっていることは

本当に意味のあることなのだろうか、

周りの方たちはキラキラと輝いて見えるのに

私自身は・・などと自信を持てなくなってしまう時は

やはり、外に目を向けるのではなく、

自分の内側に目を向けて、時には初心に戻ることも

大切です。

そういう時に外に目を向けてしまうと、

他人の活躍や素晴らしさを素直に認められなくなり、

どうしても自分と比べてしまうのです。

でも、自分自身を見つめ直すと、

その初心、どれだけ大事なものだったか、

ということが改めてわかります。

すると、自然に方向性も見えてくるのです。

そうしたら、モヤモヤしている自分が変わる

大きなチャンス。

 自信が持てなくても大丈夫なのです。

その一歩前に進めるチャンスとなれる

前兆なのですから。

自信がなくなった時は、焦らずに

失敗をしても、自分を磨くことができたと思って、

また少しずつ進んで参りましょう。

 小さなきっかけを生かして自分の人生を作っていく

 人生は決して、他人の人生を歩むのではなく

自分の人生を歩むもの。

自分の意志、自分の選択、自分の決断に責任を持ち、

うまく行かないことがあったとしても、

そこから学び、

うまく行ったとしたなら、それを次の未来に

どのように生かすか、と考えていくことが大事です。

ですから、他人や環境のせいにせず、ましてや

他人の足を引っ張るなどということはしないで、

自分のスキルや意識を高めていくことに

集中していくと、自分の人生を歩んでいくことが

できるのです。

その中で、様々な出会いや、出来事、変化が

あるものですが、そこでの小さなきっかけが

大きな成功、飛躍に繋がることもありますし、

思いがけない事を生むこともあるかもしれません。

そのような小さなきっかけを大事にしながら、

自分の成長する可能性を信じて生きていくことが

できれば、またそれを後世に繋いでいくことも

できるわけです。

 本日は、多くの学びとともに、

友人とのとても有意義な語り合いで、

充実した1日を過ごすことができました。

まだまだ悩み、試行錯誤していくことも

多々あると思いますが、価値観や信念の共有が

できる友人の存在をとても有難く感謝し、

これからも学びを続けながら、私なりにできることを

頑張ってやっていきたいと思っております。

 

 パワースポットは自分の心地よいところ

 神社、仏閣、教会、世界遺産、自然遺産など、

いわゆる一般的にパワースポットと呼ばれている

ところに、皆さまは行かれますか?

それは、ただの観光目的でしょうか。

それとも、しっかりとパワーを頂いてこよう!

という意気込みで足を運びますでしょうか。

もしパワーを頂くためだとしたら・・

必ずしも、皆がパワーを受けたと感じられるとは

限らないということも頭の片隅に入れておきましょう。

パワーを頂くとか、運気を上げるためには、

そのスポットと自分の波動が合っていないと

いけません。

いつも、妬み、批判、悪口ばかり言っていたり、

ネガティブ思考のままでいると、

やはり、共鳴できないわけです。

ほんの少しは気持ちがアップするかもしれませんが、

その場限りということも・・。

ですから、日頃から、なるべく良い波動が出るように

努力しておくことが大切です。

 感謝や思いやりの気持ちを持つとか、

見返りを求めずに、与える精神でいるとか、

そういう日々の心がけがあってこそ、

良いエネルギー、良い波動を自分自身からも

発することができるのです。

 そして、何も一般に言われているパワースポットが

自分にぴったりの場所とは限りません。

海がお好きな方もいれば、山の方がお好きな方も

いらっしゃいますし、美術館や博物館、ホテルのラウンジ、

カフェ、温泉、ゴルフ場・・とそれぞれに

パワースポットがあるかと思います。

また、ご自分の家の中にパワースポットを作るのも

かなり有効です。

たとえ小さなスペースでも

お気に入りの場所を作っておくと、

その心地よさで、運気も高まるはず。

皆さまのパワースポットはどこでしょうか?

 集中するために場所を変えてみる

 私は家の中のマイデスクが大好きで、

そこに座っていると、とても落ち着きますし、

わりと集中できるのですが、それでも

たまには場所を変えようと、近くのスタバに行って、

気分も変えて、仕事や勉強などをすることもあります。

でも今日は、夕方のレッスンもなく、

少しまとまった時間がとれましたので、

ひたちなかの蔦屋書店に行って参りました。

さすがに都内までは遠いので、せめて往復3時間まで。

それでもちょっと遠いなとは思うのですが、

蔦屋書店は大好きなので・・。

それで、併設のタリーズでず〜っと

本にする原稿の見直しをしていました。

静かな場所でロイヤルミルクティーと時々甘いものを

頂きながら、かなり集中力が高まります。

そしてちょっと疲れると、気分転換に隣の書店に行って

本を眺め、タリーズにも本の持ち込みがOKなので、

さっと中身に目を通し、そしてまた原稿の推敲を。

あまりにも集中しすぎて、目が疲れましたが、

とても実りのある時間を過ごすことができました。

 やはり集中力をアップさせるためには、

時に場所を変えてみることは大事です。

おまけに新たなアイディアも浮かびました。

 何度もブログに書くほど好きな蔦屋書店。

もっと近くにあったらいいのに。。。と思います。

今日は原稿の見直しがメインでしたので、

あまり書店内をくまなく見る時間がなかったのは残念。

今度はゆっくり読書をしたいと思います。

 優しさの循環

 世の中、結構優しさに溢れているなあ〜と感じます。

周りにいる方々は、皆さま優しい方ばかりですし、

仕事関係で、市役所や各種事務所を訪れる時も

慣れないややこしい書類作成に関しても

丁寧に、優しく教えてくださるので、

いつも本当に有り難いと思うのです。

そして、ちょっとした言葉

「こういうのって、大変ですよね。」とか

「みなさん同じですよ。」などと仰って下さると、

スムーズにできない私でも、何だか認めて頂いた

ような気がして、ほっとするのです。

態度ももちろん大事ですが、言葉も大切ですね。

本当に短いものでもよいので、お相手のためを思う

言葉をかけることができたなら、

それを受け取った人もまた、そのような言葉を

別の他の人にかけてあげることが出来るはず。

そういう連鎖があると嬉しく思います。

 Give & Give の心の話は時々いたしますが、

Take & Give だって良いのです。

受け取ったら、それをお返しする。

たとえ、その方に直接ではなくても、

別の方でも、周りの方々にでも、どなたにでもOK。

笑顔を受け取ったら、笑顔を送る。

ありがとうと言われたら、ありがとうを送る。

大丈夫ですか、と心配して頂いたら、

大丈夫ですか、と心にかけてみる。

心配しなくても大丈夫よと励ましてもらったら、

心配しなくても大丈夫よと優しく励ましてあげる。

もちろん、先に自分の方からどんどん優しさを

投げかけられれば良いですが、

優しさを受け取った時に、

自分も世の中に優しく接してみよう、

と、心から思えるかもしれません。

このように、優しさの循環が生まれると、

思いやり溢れる平和な世の中になるのに・・と思い、

またそうなることを願うばかりです。

 他人にも自分にも「ありがとう」を・・

「ありがとう」は、プレゼントを頂いた時や

何かをして頂いた時に言うだけでなく、

例えば、毎日手放せないスマホやパソコン、

そして、いつも頂く家のお食事、食材、

レストランで頂いたお食事、デザート、お仕事、

自然の恵み、きれいに咲くお花、青空、

太陽の光、夜空に輝く月や星・・

身の回りのもの、関わるもの全てに

「ありがとう」と感謝の気持ちを持つと、

何だかとても幸せな気持ちになりますし、

心が穏やかになるような気がします。

 私はベッドに入って横になると、すぐに

眠りにつくタイプなのですが、それでも

眠る直前に、1日での感謝することを思い浮かべ、

そして自分自身に「今日もよく頑張った」と

労います。するとまもなく深い眠りに・・。

 そうそう、自分にも「ありがとう」と言うと

とても良いようです。

皆、頑張っているのですもの。

日々の頑張りに感謝し、

楽しいことも辛いことも、嬉しいことも悲しいことも、

全ての経験に「ありがとう」。

そして、そのような経験をした自分に「ありがとう」。

頑張った自分自身に「ありがとう」。

 他人に感謝されたい、ありがとうと言ってもらいたい

と考えるのではなく、自分で自分に好きな時に

感謝すれば良いのです。

何回も言っていると、どんな自分でも

認めることができ、頑張った自分を褒めることも

できるようになってきます。

「ありがとう」は魔法の言葉。

とよく言われますが、本当にそうです。

遠慮せず、他人にも自分にも

何度も言ってみましょう。

『ありがとう』

 悩みやストレスは人生のスパイス

 いつも生き生きとしている人や

とても運がよいように見える人でも、

悩みやストレスはあるものです。

いつも下向きにいる人と、上を向いて

パワフルでいる人との違いは、

どこに意識を向けているかということ。

当たり前と言えば当たり前ですね。

 今日一緒に過ごしていたとてもパワフルな友人も

やっていることが大きく、また広範囲なので、

その分、思い通りに物事が進まず、

ストレスを感じることも多々あるようなのですが、

それ以上にパワーに溢れているのは、

そのストレスの原因になること以外のことには

楽しそうに生き生きと活動し、そしてよく笑い、

心にも体にも栄養となるものを積極的に

取り入れて、ストレスを人生のスパイスとして

捉えているような感じだからです。

 やはり、心の中を負の出来事はマイナス感情だけで

占めてしまうと、それを解決する糸口でさえも

つかめないままパワーをどんどん落としてしまいます。

すると、待っているのは負の連鎖だけ。

 それでは運までも遠ざかっていくのです。

私なんて・・と卑下をせず、目の前の小さなことに

喜びを向け、時々英気を養いながら、調整していくと

次第にパワーも戻ってきます。

今日はパワフルな友人からと満月の輝く光から、

大きなパワー受けけとりましたので、

6月後半も、また今まで以上に頑張って参ろうと

思います。

 

 訪れたい国の1つ「ドイツ」

 時々ブログに登場していました

私が日本語を教えていたドイツ出身の女性が

ご主人(ドイツ人)とともに帰国することになり、

昨日が最後のレッスンとなってしまいました。

レッスンと言っても、昨日は日本語を全く使わず

話していただけなので、正確にはレッスンでは

ありませんでしたが、本当に寂しい限りです。

 私の興味の対象にあまりなかったドイツ。

(そういえば、ちょっとだけかじっている

カリグラフィーはドイツカリグラフィーですが・・)

でも、彼女のおかげで色々なお話を直接聞き、

ドイツ語にまで興味を持ち、(今のところ

テキストを買って、数字を覚えた段階で挫折・・)

そして、今ではとても訪れたい国の1つとなりました。

ミュンヘンはとても美しい街だそうです。

ドイツ語ができなくても、彼女を訪ねれば、

英語で話せるので、全く不安もありませんし、

彼女が日本を離れてしまうのは、とても残念なのですが、

素敵なご主人、そしてと〜っても可愛いベビーちゃんとも

いつかドイツで再会できることをイメージしています。

 そして本日の午後は、室内楽演奏会に行き、

バロック音楽を聴いて参りました。

ヴィヴァルディやヘンデル等の素敵な音楽を楽しめた

ひとときでしたが、そういえばヘンデルはドイツ出身。

今、私の中でドイツにまつわることが、

色々と入ってくるようです。

脳は、関心を持ったことに関して、無意識に情報を

キャッチするようにできています。

それを拾うか拾わないかは私たち次第。

どのようなことにも、アンテナを張っていると、

一見無意味と思われるようなものでも、

いつか、とても意味のあるものになることも

ありますから、

それらを大事にしながら生きていくだけでも

心豊かになっていく気がいたします。

 

 ドラッカーに出会って・・

「コミュニケーションで一番大切なことは

相手が口にしない言葉を聞き分ける力である。」

オーストリア出身の経営学者ピーター・ドラッカーの

言葉です。

ご本人自らは「社会生態学者」と名乗り、

組織や個人のマネージメントなどについての

本を数多く残していらっしゃいます。 

そのドラッカーの著書『経営者の条件』を

分かりやすく小説にされた吉田麻子さんの

講演会に行って参りました。

私はドラッカーの知識がほとんどなく、

本も読んだことがありませんでしたので、

とても良いきっかけを頂きました。

実はカラーを専門としていらっしゃる

吉田さんがどのようにドラッカーに出会い、

人生にどう生かしていらっしゃるのかというお話で、

やはり、その中にヒントがたくさん詰まっている

ということを知り、これから本を読むのが楽しみです。

 冒頭の、相手が口にしていない言葉を聞き分ける

って、とても難しいこと。

表に出た言葉でさえ、解釈のズレが生じでしまうと

コミュニケーションがうまくとれなくなって

しまうのですから、口にしていない言葉となったら、

相当お相手を観察し、心の内を知れるような

信頼関係を築かなければいけませんね。

とはいえ、難しく考えずに、とにかくお相手への

思いやりの心を忘れずにいることが

大切なのだと思います。

その思いやりの気持ちから、

見えてくるものが必ずあるはずなのですから。