スタッフブログ

 胸中成竹(きょうちゅうのせいちく)

 絵心のない私は、真っ白な紙を見て、描く前に

そこに絵を思い浮かべることは出来ませんが、

描ける方は、もう既に完成図が見えるのでしょう。

文字を書く時には、ある程度それが出来ますので、

感覚的には分かる気はします。

「胸中に成竹あり」とは

竹を描く際、胸中にまず竹の姿を思い浮かべてから

筆をとる。ということから、

ある事をするにあたって、あらかじめの成功する

めどのあること。 (大辞林より)

 皆さまの胸中に「成竹」はありますか?

昨日は、いつチャンスが来てもいいように、

準備をしておくことの大切さを書きましたが、

そこに、成功のイメージがあると良いのです。

 もう成し遂げた時の姿をイメージをすることって

とても大事。

そしてその時の感覚を先に味わってしまうのです。

「嬉しい〜!」とか、「やったー!」とか

「どきどきする〜〜!」とか・・

そうすると本当に出来る気がしてきます。

出来る気がしてきたら、そこから準備をしていけば

良いのです。

あなたの「成竹」を思い浮かべた時、

どのような気持ちですか。

わくわくしていますか。