スタッフブログ

 マナーは思いやり

 私たちは、様々な場面でマナーが必要なことが

あります。

でも、これって、本当はどうしたらよいのだろう、

と悩む時もあり、何となくこうかな〜でその場を

しのぐ場合、周りの人をそれとなく観察しながら

真似をしてみたり、あるいはネットなどで調べてみたり、

とあやふやな部分がある方も多いかもしれません。

 でも、マナーって、つきつめると・・根本は、

お相手に対する思いやりです。

その思いやりの心を振る舞いや言葉などの

形で表したものなのです。

決して、堅苦しいものでもなく、難しいものでもなく、

全てお相手のため、一緒にいる方たちと心地よく

過ごすためのものだと分かると、

決して、自分が恥をかかないためのものではない、

ということも納得できるかと思います。

 今日は、身内の結婚式がありました。

結婚式に出席したのは、とても久しぶりです。

とても素敵な会場で、幸せに満ちた空間に

居られましたことは、私自身も幸せな気持ちに

なるものです。

 結婚式でも、その素敵な空間を大勢の方々と

共有するのに、周りに不愉快な思いをさせては

いけないので、ドレスコードやテーブルマナー

などがあるわけですから、そこで自信を持って

スマートに、そして心地よく過ごせるとよいですね。

 そして、それは色々な場面で共通する大切なこと

でもあります。

人と人との関わりの中で、コミュニケーションや

マナーというのは、どなたにとっても

必要なことなのではないかと改めて感じました。

 それにしても、若いって良いですね。

可能性に満ち溢れていて、素敵なエネルギーも

たくさん頂きました。