スタッフブログ

 「楽しむ」ことを「楽」に考える

 何かをする時に、「楽しむ」のと「楽をする」というのは

全く違いますので、「楽をする」方へ

どんどん進んでいると、実はどこか苦しくなって

しまうことがあります。

そのような経験、結構誰にでもあるものです。

でも、「楽しもう」とすると、色々な可能性が

広がってきます。

 何かをする時に、「楽しもう」としていますか。

「楽」な方へ「楽」な方へ、何とか「楽」な方へ・・

と考えてはいませんか。

「楽」な方へ進むと、その時、一時的には良いのですが、

結局また後でどこかで、乗り越えなくてはいけない壁に

ぶつかったり、狭い幅を頑張って通り抜けなくては

いけない道に来てしまうものなのです。

 「楽しむ」ことを「楽」に考えてみてみましょう。

人生を楽しむ。

日常を楽しむ。

お仕事を楽しむ。

余暇を楽しむ。

そして、好きではないことまで楽しむのです。

どうせやらなくてはいけないのですから。

「楽」をしても何も成長しませんが

「楽しむ」と笑顔になります。

周りも嬉しい気持ちになります。

良いエネルギーが流れます。

波動も高まり、その高まった波動に共鳴して

また同じような高い波動のものが集まってきます。

良いことばかりで、そして広がった可能性の中から

また自分に合った選択をすることができるかも

しれませんし、思いがけないことができるように

なるかもしれません。

 「楽しむ」と「楽をする」というのは随分

違いますね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→