スタッフブログ

 一読・十笑・百吸・千字・万歩

 久しぶりに高校時代のライングループで

やり取りをしていると、やはり時々、懐かしい話題が

出てきます。

今はそれぞれの場所で、それぞれの生活をしていますが、

このような状況でも皆、明るく元気にしていることが

分かると、嬉しいですね。

高校時代は、お箸が転げても可笑しいという年頃。

よく皆で笑っていたことも思い出されます。

 今は子ども達が育ったということもあり、尚更、

声を上げて笑うことが少なくなりました。

でも、「笑う」というのは本当はとても大事なこと

なのですよね。以前も笑うことについて書いたことが

ありましたが、今日はそれに限ったことではなく、

杏林大学名誉教授の石川恭三氏による言葉のご紹介。

「一読・十笑・百吸・千字・万歩」

高齢者の生活習慣の改善のために考えられたそうですが、

高齢者でなくても、私たちもこれを心がけると

素晴らしいなと思うのです。

 一読は、一日に一度はまとまった文章を読むこと。

 十笑は、一日に十回くらいは笑うこと。

 百吸は、一日に百回くらいは深呼吸すること。

 千字は、一日に千字くらいは文字を書くこと。

 万歩は、一日に一万歩を目指して歩くこと。

 毎日は読書をする時間はないかもしれませんが、

それでも少しでもまとまった文章を読むように

心がけるだけで随分情報を得られたり、

感性が磨かれたりいたします。

 笑う回数というのは、先ほども申しました通り、

若い頃と比べると、少なくなっていると実感します。

でも、若返りのためにも心の状態のためにも、

回数を意識的に増やしていきたいものです。

 呼吸はとっても大切。そして私の好きなこと。

深呼吸をしっかりすると免疫力も上がり、

心も身体も整います。

 そして、一日千字。これは一般的にはハードルが

高いかもしれませんね。私は、ブログを書いて

おりますので、まとまった文章を書く習慣が

ありますが、このようなものが無い方は、

一行でも二行でも日記を書くのも良いかもしれません。

 最後に万歩。今は外出自粛中ですので、

難しいことと思いますが、家の中でも

出来るだけ足踏みをするなど、歩くようにする

ことは体にとって大事なこと。

私も最近は自宅の机に向かう時間が長くなり、

完全に運動不足。体がおかしくなりそうですので、

昨日は久しぶりにジョギングをしましたら、

(もちろん、人の少ないところで。)

とってもリフレッシュできました。

普段の歩数は本当に少ないのでしょうね。

 明日の5月5日は「立夏」。

暦の上では夏の始まり。若葉、青葉が茂り、

エネルギーも満ちてくる頃です。

今は家にいなくてはいけませんが、

外出自粛中でも、上記のようにできることは

沢山あります。

これからも色々と工夫して過ごして参りたいですね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

● YouTube「エクラの風」vol.1はこちらから→

 

● 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→