スタッフブログ

 主張しなくても存在する美しさ

 薔薇の季節。あまり日当たりの良くないお庭にも

数少ない薔薇のお花が毎年咲き、芳しい香りを

漂わせている今、本当に幸せな気分になります。

薔薇はやはり存在感がありますね。

芍薬も同様。どちらも、たとえ一輪であっても

美しさは格別です。

でも、私たちはその目立つお花の美しさだけに

目を向けるのではなく、その脇に咲く小さなお花、

道端に咲く名前も分からないお花などの美しさも

忘れてはいけません。

 決してその存在をアピールしているわけでもないけれど、

この自然の中で精一杯、可憐に咲くお花を見ると、

やはり美しく思います。

それは控えめだけれど、生きるという意味では

同じようにエネルギーを発し、色を持ち、確かに

存在しているその生命力を感じるから。

 そして人も同じなのではないかと思うのです。

目立つ人がすごい訳でも、自己主張する人が

かっこいい訳でも、表舞台に立つ人が素晴らしい訳でも

ありません。

目立たなくても、謙虚であり、慎み深い人は

存在するだけで美しくもあります。

評価されたい、認められたい、成功したい、

というような自己アピール、自己主張するのではなく

内側から自然に出てくる美しさです。

 2人以上でいる時に、人は必ずその立ち位置や役割が

あります。自分がどこに居て、その場所でどのように

振る舞うのがよいのか、マナーの観点からでも

とても大切なことなのですが、マナーで言う

いわゆる席次のことではなく、周りをよく見て配慮し、

どこに自分がいれば周りの方達が心地よくいられるか

どのように心を配れば周りの方達が安心できるのか、

という思いやりを持てる人が美しいのです。

自然に他人を立てることが出来るからこそ生まれる

謙虚な存在感があると素敵ですね。 

 薔薇や芍薬は私の大好きなお花ですが、

花束などによく添えられるかすみ草の存在も

とても大切です。

決して主張しないけれど、その役割を的確に

担っている美しさを大事にしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.7

自分磨きを目的にしないで、自分の考えや価値観

「TO BE」を大事にしましょう。

ということをお伝えしております。

是非、ご覧下さいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→