2019年07月10日

 答えは1つではない

 本日は、ある企業の社内研修を4時間に渡ってやり、

様々なことをお伝えすることができました。

一応マナー研修ということなのですが、

私が重きを置いているところは、

「コミュニケーション」についてなので、

次回も来月に予定していますことから、

今回は、ほぼコミュニケーションの本質や特徴、

そして、どいうところに注意して、どういうことを

大切にしていかなければいけないのか、などを

様々なアプローチからお話をし、ワークを

取り入れながら実感して頂く、盛りだくさんの

充実した1日でした。

 コミュニケーションというのは、人と人との

温かさの交換です。これは、親子、夫婦、友人、恋人、

上司と部下、お店スタッフと顧客、先生と生徒など、

色々な関係性があり、また、初対面でコミュニケーションを

とる場面でということもあり得ます。

ということは、その分、数多くのシチュエーションが

ありますから、正解は1つではなく、臨機応変の

対応が求められます。

ですから、より良いコミュニケーションをとるためには、

自分自身で考え、判断できる思考力、応用力、洞察力、

柔軟性、受容性という力が備わっている必要もあるのです。

そこにマナーが加わると、より心地よいものに

なりますから、その辺りをまた次回に改めてお伝えする

予定ですが、このように多くの時間を

マナー&コミュニケーション研修に充てて頂いて、

本当に嬉しく思いました。

 体力がある私は、長時間研修も問題なく、また、

帰宅後は休憩する間もなく夜までレッスンというハードな

1日でしたが、無事に終わってほっといたしました。

今夜もぐっすり眠れそうです。

明日は、どのような理想の1日にしようかしら?