2019年07月29日

 ゴールの先にある感情を先取りする

 今日は日中のレッスン数が少なかったので、

とにかく朝から手が腱鞘炎になりそうなほど、

事務仕事をしました。

普段も少しずつはやってはいるものの、その量が

少しずつ足りないと、あっという間に溜まって

しまいます。そうなると、この苦手な仕事は

ますますやりたくなくなるのですが、

放っておいて結局困るのは私自身ですから、

そうも言っていられませんので、

時々、気合を入れて頑張ります。

 そういう時のモチベーションになるのは、やはり、

それを達成した時の感情や感覚を先取りすることが

一番です。

もちろん、自分が心からやりたいこと、望んでいることに

向かって進む時も、ゴールの先の感情を先に味わうと、

より早く達成しやすくなりますが、

望んでいなくても、やらなくてはいけないことに対しても、

非常に効果的です。

それをやり終えた時の嬉しさ、スッキリ感、満足感を

感じながら、そしてイメージしながら、勢いに任せて

進めていきます。そのような時は集中力を一気に

高められると良いですね。

とりあえず何分、と区切りの時間を決めながらやりますと、

集中力がかなり上がります。

 いやだな〜と思いながらやると、絶対に捗りません。

家事やお片づけなども、そうかもしれませんね。

やらなくてはいけないのは分かっているけれど、

面倒だったり、気分がなかなか乗らなかったり・・。

そういう時も、自分が心地よい空間にいると、

どのような感じがするかイメージして、感覚を十分に

味わってから取り掛かってみて下さいね。

これが上手くいくと、他の事柄もどんどん

スムーズに捗り、良い循環ができてきます。

 

 潜在意識にまで届く言葉

 私たちのセルフイメージは、

周りの人たちからの言葉と自分自身の無意識な

思い込みの言葉で作られていると言っても

過言ではありません。

 ですから、人の言葉をそのまま受け入れて

しまうと、褒められたり、励まされた時は

良いのですが、そうではない言葉だったりすると、

それが潜在意識の方にまで入り込んだ時に

とても辛くなってきてしまいます。

ですから、そのような自分の心は自分で癒し、

健全なセルフイメージを作れるようにしておかなければ

いけません。それは、セルフイメージをつくるための

よい情報何度も何度もインプットするということ。

そうするとそれが潜在意識に入り込んでくるのです。

 自分で、これなら元気が出るという言葉、

心地よい言葉、嬉しい言葉、そういう言葉の

シャワーを浴びて、心の底に届くようにしますと、

セルフイメージが高まってきます。

 言葉というのは、私たちにとても大きく影響

するわけです。人は何か結果を得るためには、

頭で考え、それを言葉に発して、そして行動しています。

言葉のシャワーを浴びたら、自分でも言ってみて、

心の中、体の細胞にまでインプットできると良いですね。

なりたい自分の姿があれば、どんどんそれを

言葉にして、潜在意識にまで届かせましょう。