2019年08月02日

 余韻を楽しむことも大切です

 本日午後は、テーブルコーディネートレッスン。

連日の暑さの中、足を運んで下さる生徒さま達に

感謝の気持ちでいっぱいでお迎えするため、

お玄関のお花やテーブルフラワー、そして

テーブルコーディネートも涼しそうで爽やかな

雰囲気にいたしました。

 私たちの心は、五感で受けるもの全てから

影響を受けますので、視覚的要素のみならず、

流れる音楽、お部屋の温度、香り、そして

口にするものを少し工夫するだけで

心地よくなるものです。

逆に、それらに全く無頓着でいますと、どこか

バランスを崩してしまったり、心が落ち着かなかったり

するのです。それはどのような場所でも同様です。

 今日生徒さまとお話をしていて、先日鑑賞した

オペラの話題になりました。

時に舞台やオペラなどを観たり、音楽を聴いたりした後、

ちょっとネガティブな発言をする方がいらっしゃいますが、

せっかく余韻にひたっている方への配慮がなく、とても

残念に思います。余韻を楽しむ時間というのも

私たちにとって、とても大切。

観劇や音楽鑑賞だけでなく、レストランでのお食事や、

友人とのおしゃべりなど、何かをした時、

それ自体が終わった時点で終わりなのではなく、

家に帰るまでが、その事柄を楽しめる時間だと言っても

過言ではないわけです。

ですから、他人のその貴重なひとときを壊すような

ことは避けたいですね。マナーの1つでもあります。

 ですから、私もレッスンなどをやっていて、

レッスンが終わった時が終了なのではなく、

最後、お見送りするまで、満足して頂ける状態を

保てるように心がけ、そのために、

お迎えし、お見送りするお玄関、お庭なども整え、

私自身が口にする言葉、立ち居振る舞いなども

最後まで気をつけたいと思っております。

 ぜひ余韻も大切に・・。