スタッフブログ

 伝統文化

 日本の伝統文化といっても様々。能、狂言、歌舞伎、文楽、落語、茶道、華道、武道・・まだまだ

あります。でも、これを先人が現代に至るまで大事にし、現代の人が次世代の人たちに継承していく

というのは大変なことでもあり、重要なことでもあり、そしてそれを今楽しめる私たちは、幸せなこと

でもあります。

 そのうちの歌舞伎は、私が若い頃から時折劇場に足を運んでいる好きなお芝居。

歌舞伎は、江戸時代初期、出雲の阿国という女性が京都で演じた念仏踊りが初めであるとされています。

その後、女性の出演が禁止され、男性だけで演ずるようになり、元禄期に現在の歌舞伎スタイルが

出来上がりました。

有名な歌舞伎役者の屋号は血筋で伝えられていくという慣習に守られた中、名跡を継ぐというのも

とても責任が伴う世界です。

 本日は以前から楽しみにしていた 八代目中村芝翫、四代目中村橋之助、三代目中村福之助、

四代目中村歌之助 襲名披露公演を観に行って参りました。芝翫さんの芸を磨かれた貫禄のある姿に

見入り、日本の伝統文化を改めて感じたひとときでした。まだご覧になったことがない方たち、若い

方たちにも感じて頂きたい日本が誇ることのできる文化です。 ぜひ、歌舞伎座へ!