スタッフブログ

 山茶花(さざんか)

 気温が低くなって参りました。輝く星や月の光が一層美しく見えるのは、冷たい空気のためかしら・・

と思いながら今夜も夜空を眺めましたが、それもそのはず、本日は二十四節気の「立冬」。

暦の上では、もう冬なのですね。

 七十二候では、「山茶始開(つばき はじめて ひらく)」。

山茶花(さざんか)が咲き始める頃のことです。

山茶花はツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹。 もともと中国ではツバキ科のお花を総じて「山茶」という

らしく、山茶花のお花が椿によく似ていたため、混同されてその名が付けられたようです。

椿とは異なり、花びらがはらはらと一枚ずつ散っていく様子は儚いのですが、それでも、お花の少ない

この時期、綺麗な色合いで、冷たい空気の中、沢山のお花を咲かせますので、そこだけがふっと華やぎ

ます。

春の桜の淡いピンク色も好きですが、力強い濃いピンク色の山茶花も、生命のエネルギーを分けて貰える

ような気がして魅かれるお花。お庭の木の下で立ち止まっては眺めています。