スタッフブログ

 偏らない道を進む

 宗教を持たない私は、様々な教えの中で、

自分に取り入れられそうなものを取り入れ、

素晴らしい教えだと思えば、なるべくそれに従えるように

心がけるという、都合の良い信仰主義ですが、

仏教の教えの中に、こういうものがありました。

 道を修めるものとして避けなければいけない

 偏った生活がある。

 1つは、欲に負けて、欲にふける生活

 1つは、いたずらに自分の心身を責めさいなむ苦行の生活

 この2つの偏った生活を離れるために

 中道の生活があります。

 中道の生活とは、

 正しい見方、正しい思い、正しい言葉、正しい行い、

 正しい生活、正しい努力、正しい記憶、正しい心の統一

 この8つの正しい道です。

いずれも、重要ですね。

でも「正しい」というのは、簡単なようで難しい。

何が正しくて、何が正しくないのかが

分からなくなってくることもあるからです。

心を統一し、自分を信じて、信じた行いをし、

努力を重ねていけば、偏らない進む道が

見えてくるのかもしれません。

 誰もが迷い、誰もが悩み、でも時には、明るい光が見えてくる、

そういう試行錯誤をしながらでも、正しい道と思える方向に

進んで行けると良いですね。

 三が日も終わり。

今年も自分らしく、自分の信じる道を進んで参りましょう。