スタッフブログ

 敬う心を大切に・・

 お相手を尊び、礼をつくして振る舞うこと。

特に、お相手が年上、あるいはお年を召した方であれば、

この敬う姿勢というのは、とても大切です。

それは、たとえ弱い立場、また、

人の手を借りなければいけない状況になっているとしても

同様です。

でも、この弱い立場になられた時、

関わる方たちは、それでも同じように

礼をつくしているでしょうか。

 それぞれが、多くの経験をし、喜びを得たり、

苦難を乗り越え、長い年月を経ていまがある、

と思うと、「お年寄り」と一括りにして言うのは

あまりにも安易であるように思います。

 個人を認め、思いやる気持ちをもつ(愛を注ぐ)のは

赤ちゃんからご年配の方に対するまで、皆同じ。

そして、どなたに対してでも、思いやりと敬う心を持って接すれば

自ずとそこに礼(マナー)が出来てくるなかなと思うのです。

 本日、体験レッスンにいらして下さった生徒さまが

介護職をなさっていることをお聞きし、

マナーは初めに形があるのではなく、

お相手を思う心がマナーという形になって表れているのだ

ということを、ご年配の方と接するという観点からも

熱くお伝え致しました。

敬いの心。大切にしたいですね。