スタッフブログ

 階段は一段ずつ上ればいい

 大変なことが起こった時、解決するのが難しく、

なかなか思い通りにならないことがあったり、

先を急ぎ過ぎたりして、

結局は、気持ちばかりが先行するので、

空回りしたりすることはあるものです。

でも、もう少し長い目で見て、

今そんなに急がなくても、階段を一段ずつ

しっかり足を地につけて、上っていけば、

気がついたら、元いたところよりは

ずい分上に上がっているはず。

 段を飛ばして上がらなくてもいいのです。

たとえ小さな一段でも、

一段ずつ上っていけばいいのです。

振り返った時、必ず1年前とは違うから。

 明るい彼女を見て、そう思いました。

30年以上のお付き合いがある、高校時代の友人。

お互いそれぞれ色々なことがあるけれど、

何が起こっても、常に明るく、その時のその状況を

しっかりと受け入れて、そこからまた

少しずつでも、焦らずに進んでいる姿に、

いつも元気をもらいます。

今日、数年ぶりに会いましたが、やはり彼女は

前を向き、一段ずつ上がっていました。

決して悲観せず、落ち着いて、一歩一歩・・。