スタッフブログ

 衝撃を受けた言葉

 随分秋めいて参りましたので、ちょっと季節外れの話

のようにも感じますが、是非、シェアしたいと思います。

 季節の風物詩、そして日本の美しさの1つ「花火」。

私たちは、夜空に浮かぶ様々な形や彩りの花火を、

疑いもなく、美しいと感じ、どんなに暑くても

その暑さを忘れ、時を忘れて魅入ります。

そして、多くの日本人にとっての夏の楽しみの1つです。

ところが、今日、ある方が、

「私は花火を見ると、悲しくなる・・」と言っていたのです。

その方も、とても日本の綺麗なところがお好きなので、

驚きました。何か苦い思い出でもあるのかしら。と

思いながら「どうして?」と聞くと、

衝撃的な言葉が・・・。

「だって、この1回の燃焼で、貧しい国の人たちや

飢えに苦しむこどもたちをどれだけ助けれれるか。

それを何発もあげるのだから、私には見ていられない。」と。

とても心優しいかたのなのです。

私はそのようなことを、考えたこともありませんでした。

よくブログで、視点を変えてみる。ということを

言っていますが、この、視点の大きな違いは、

あまりにもショッキングでした。

そして、本当に私は狭い物事の見方、偏った見方を

しているのだな、と反省。

しばらく考えさせられる出来事でした。